ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > ヤクルト村上「僕の持ち味」積極策で1安打1盗塁

ヤクルト村上「僕の持ち味」積極策で1安打1盗塁

2

2018年07月12日 22:15  日刊スポーツ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真全ウ対全イ 2回表全イ無死、高橋から中前打を放つ村上。捕手中村(撮影・野上伸悟)
全ウ対全イ 2回表全イ無死、高橋から中前打を放つ村上。捕手中村(撮影・野上伸悟)

<フレッシュオールスターゲーム:イースタン選抜3−1ウエスタン選抜>◇12日◇弘前



 全イの4番に座ったヤクルトのドラフト1位村上宗隆内野手(18)が、3打数1安打1盗塁と結果を残した。


 3番清宮、5番安田と“高卒ドラ1クリーンアップ”を形成。「2人と組めることはうれしいです。でも、自分は自分ですし、そういうことは気にしないタイプなので」と自分の打撃に集中した。


 2回の第1打席の初球、広島塹江の153キロを中前へはじき返した。続く安田の3球目にスタートを切り、二塁を陥れた。「積極的に行くのが僕の持ち味。盗塁はチャンスがあれば行こうと思っていた」と、らしさを前面に出した。


 だが、2打席目以降は本来のスイングができず、無安打。7回の第3打席に四球で出塁し、盗塁を仕掛けたが失敗に終わった。「まだまだ練習しないといけない。ここが目標じゃないので、がむしゃらに食らいついて、1軍で早く活躍したい。ホームランが打てて、チャンスで1本出せるバッターになりたい」とさらなる高みを見据えた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定