ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > もっと好きになる。男性が「彼女に惚れ直す」瞬間

もっと好きになる。男性が「彼女に惚れ直す」瞬間

2

2018年07月13日 06:12  マイナビウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビウーマン

写真もっと好きになる。男性が「彼女に惚れ直す」瞬間
もっと好きになる。男性が「彼女に惚れ直す」瞬間

突然ですが、最近手紙を書いたのはいつですか? もうずっと手紙なんて書いていないという人が多いかもしれません。手紙は書くのに手間がかかっても、もらうとなんとなく嬉しいものですよね。女性の中には、彼との交際記念日や誕生日などの機会に手紙を送ろうとしている人もいるかと思います。男性たちは彼女からの手紙についてどう思っているのでしょうか? 今回は、彼女から手紙をもらったときの本音について聞きました。

■彼女からの手紙は嬉しい?

男性は女性からの手紙をどのように感じているのでしょうか。嬉しいと思うのかどうか、またその理由についても調査しました。

◇彼女からの手紙が嬉しい男性は8割

まずは、男性たちにこんな質問をしてみました。

Q.彼女からの手紙は嬉しいですか?

嬉しい(83.6%) 嬉しくない(16.4%) ※有効回答数377件

男性の約8割が彼女からの手紙を嬉しいと答えています。気持ちのこもった手紙を喜ぶ男性がほとんどですね。「重いかも」と不安になるかもしれませんが、そんな心配は無用。たまに送る手紙は特別感があっていいのかもしれません。

◇彼女からの手紙が嬉しい理由

では、なぜ彼女からの手紙が嬉しいのでしょうか。「嬉しい」と回答した男性たちに、その理由を聞きました。

☆形として残るのがいい

・「手紙はいつまでも残るから。本当に伝えたい気持ちだと思うから」(32歳/情報・IT/技術職)

・「形に残るようなものもたまにはあると、より良い関係になれそう」(37歳/その他/その他)

☆温かみを感じる

・「LINEやメールではなく、手書きのほうが温かみがあるから」(28歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「メールの時代にあえて、直筆の手紙をもらうと温かい」(38歳/その他/事務系専門職)

☆気持ちが伝わる

・「何度も読み返せて、メールより気持ちが伝わる」(31歳/その他/その他)

・「気持ちがこもっているから。手書きとかだと手間をかけてくれたと感じてより嬉しくなります」(30歳/情報・IT/技術職)

LINEやメールよりも手間がかかっている手紙だからこそ、そこにこもった愛を感じる男性たち。スタンプや絵文字でも思いは伝えられますが、やはり直筆の文字で伝えられる温度感は格別。本当に伝えたいことは、こんな方法を試してみるといいかもしれません。

■彼の心を掴む手紙の渡し方

彼氏へ手紙を書いたけれど、どう渡していいかわからず困ってしまうことがあるかもしれませんね。そこで男性たちに、手紙をもらいたいタイミング、嬉しい手紙の内容などを聞きました。

◇手紙を渡すタイミングは?

まずは手紙を渡すタイミングについて。なんでもないときに渡すのは、ちょっと恥ずかしい気もしますよね。男性はどんなタイミングでの手紙を嬉しく思うのでしょうか?

Q.彼女からの手紙がほしいと思うのは、どんなときですか?

第1位 何気ないとき (42.2%) 第2位 自分の誕生日 (34.6%) 第3位 付き合った日などの記念日 (15.2%) 第4位 クリスマス (2.2%) 第5位 バレンタイン (1.6%) ※有効回答数315件。単数回答式、6位以下省略・その他除く

意外にも男性のみなさんは、誕生日や記念日よりも“なんでもないとき”の手紙がほしいと感じているようです。不意打ちでもらうサプライズの手紙は、男性の心をグッと掴むのかも。

◇彼の心を掴む手紙の内容とは?

では、そんな手紙にはどんなことを綴ればいいの? 彼をドキッとさせる手紙の内容について、男性意見を探っていきましょう。

☆「ありがとう」の手紙

・「何気ない日常で、いつもありがとうとか書いてある手紙をもらえると嬉しい」(24歳/情報・IT/技術職)

・「何気ないときにもらう、日ごろの感謝や付き合った思い出などが書かれている手紙」(35歳/その他/販売職・サービス系)

☆楽しかった思い出を振り返る手紙

・「楽しかった思い出や自分の気持ちなどを書いた手紙を、恥ずかしそうに渡してくれたとき」(39歳/運輸・倉庫/その他)

・「どこかに行ったあと、その思い出が書かれた手紙」(33歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

☆励ましの手紙

・「へこんでいるときに励ましてくれるような手紙がいい」(31歳/農林・水産/その他)

・「励ましの手紙が嬉しかったです」(36歳/その他/営業職)

☆「これからもよろしく」という手紙

・「誕生日に『おめでとう、これからもよろしくね』と書いてあって嬉しかった」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

・「これからもよろしくと、誕生日にもらった」(30歳/建設・土木/技術職)

☆喧嘩したあと、仲直りのための手紙

・「喧嘩をしたあとに、彼女からごめんねと伝えてきた手紙」(39歳/情報・IT/技術職)

・「喧嘩をした時にくれた手紙で、いままでの楽しかったことや私の良いところを書いてくれた」(39歳/その他/その他)

上記以外では、風邪をひいて寝込んでいるとき、仕事が忙しく深夜に帰宅したときなどに心配した内容の手紙をもらって嬉しかったという声も。あなたと彼だからこそ共有し合える思い出や気持ちを手紙に込めてみてはいかがですか?

■感謝の気持ちを伝えるなら、手紙を書こう

彼に手紙を書きたいけれど、どう書いていいのかわからない。そんなときは「いつもデートに連れて行ってくれてありがとう」「私の話を笑顔で聞いてくれてありがとう」など、日ごろの感謝を手紙に書いてみるのもいいかも。普段は恥ずかしくて面と向かって言えない、素直な気持ちを手紙にして伝えれば、彼との距離もグッと近づき愛が深まるはずですよ。

(唐沢未夢)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ 調査日時:2018年5月11日〜5月13日 調査人数:377人(22〜39歳の未婚男性)

元の記事はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 現実として手紙で惚れ直すことはあるんだろうけど、タイトルに「手紙」の2文字を敢えて入れなかったのは「釣り」を意図したのか?そこはかとない違和感。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定