ホーム > mixiニュース > トレンド > イグ・ノーベル賞の公式展覧会

大真面目なトンデモ研究てんこ盛り  世界初のイグ・ノーベル賞公式展覧会が開催

75

2018年07月13日 08:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真創設者であるマーク・エイブラハムズ。授賞式では司会進行も務めます。
創設者であるマーク・エイブラハムズ。授賞式では司会進行も務めます。

 東京ドームシティの「Gallery Aamo(ギャラリー アーモ)」にて「イグ・ノーベル賞の世界展」が開催されます。期間は、9月22日から11月4日です。



【画像】悪臭のガス(おなら)を防ぐ、気密性の下着「アンダー・イーズ」



 イグ・ノーベル賞は、1991年に「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に与えられるノーベル賞のパロディーとして創設。歴代受賞者には日本人も多数おり、その成果には「たまごっち」「カラオケ」「足のにおいの原因となる化学物質」など、商品もしくは商業的研究も含まれます。あるいは、「ハトに嫌われる銅像の素材」や「床に置かれたバナナの皮を、人間が踏んだときの摩擦の大きさ」といった、誰得と思ってしまう研究などもラインアップされています。



 また授賞式も、本家ノーベル賞が厳粛な雰囲気であるのに比べ、イグ・ノーベル賞のほうはとてもユニーク。毎年ハーバード大学で開催されており、受賞者が被り物を着けたり、珍奇な衣装をまとったり、式の続行が8歳の少女の気分にゆだねられたり、優秀な研究者、技術者が思いっきりばかやっちゃおうなノリなのです。



 そんなイグ・ノーベル賞の魅力を集めた今回の展覧会は、3つの区画で構成されています。



 まずは、イグ・ノーベル賞紹介エリア。イグ・ノーベル賞について分かりやすく解説し、受賞者に与えられるユニークなトロフィーの展示や、盛り上がる授賞式の様子を紹介。さらに、パネル・実物展示エリア。これまでの受賞のうち特にユニークな研究について、受賞者から借りた実物やパネルを展示します。そして、研究体験ブース。見るだけでなく体験もしたい、そうした希望にこたえるコーナー。何しろ「笑える」と認定された受賞作(受賞研究)ですから、実際に体験すれば笑えること間違いなし。



 また、こうした展示コーナーとは別に、展示会に即したユーモア満載の物販も予定しています。


このニュースに関するつぶやき

  • これは行きたい。 話者の声をマイクで拾い、ちょっぴり遅延させてその場で再生すると、話者が喋れなくなるというのは興味深かった。 電話機の不調で体感したが、次何喋る気だったかマジ分かんなくなる。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • イグの意義はトンデモだけではない。ユニーク、皮肉、実は凄いんでね? も含まれる。見に行こうかなw https://mixi.at/abvDc4r
    • イイネ!23
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(34件)

あなたにおすすめ

ニュース設定