ホーム > mixiニュース > 社会 > 日本、車関税に懸念表明へ=19日に公聴会−米商務省

日本、車関税に懸念表明へ=19日に公聴会−米商務省

0

2018年07月13日 13:05  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【ワシントン時事】米商務省は12日、自動車・同部品の輸入制限をめぐって19日に開く公聴会の出席者らを発表した。日本政府を代表して相川一俊駐米公使が意見を述べるほか、経団連、日本自動車工業会、トヨタグループの部品会社ジェイテクトの関係者らが証言する。自動車への高関税などの輸入制限が世界経済に及ぼす影響に関して懸念を表明する見通しだ。

 公聴会には、米国、欧州連合(EU)、韓国、カナダ、メキシコなど各国の政府関係者や業界団体も参加。ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)と韓国現代自動車の米国法人の幹部らが出席するほか、全米自動車労組(UAW)の関係者が意見を述べる。 

    あなたにおすすめ

    ニュース設定