ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 心に傷も「冗談」という暴力

それって本当に「冗談」ですか?言った側はそのつもり でも言われた側にとっては?

1614

2018年07月17日 15:22  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真それって本当に「冗談」ですか?言った側はそのつもり でも言われた側にとっては?
それって本当に「冗談」ですか?言った側はそのつもり でも言われた側にとっては?

 コミュニケーションを円滑にする時に飛ばす「冗談」。誰でもウケる話であれば不快に思う人は少ないかもしれませんが、人をいじる様な内容は時に不快感を与えることも。そんな「冗談」について、考えさせられる話がSNSで話題になりました。


【さらに詳しい元の記事はこちら】


 漫画家の後藤羽矢子さんは、「『冗談でも人を傷つけたら失言になる』を読んで子供の頃のこと思い出した。」と、子供の頃の思い出を漫画にして投稿しています。その内容とは。


 後藤さんは小学3年の頃に、クラスの男子に酷い事を何度も言われていました。不快に思った後藤さんはクラスの担任に相談。すると、先生は男子に対して注意をしてくれたものの……男子は「冗談のつもりだった」と言い放ち、担任も「世の中には冗談が通じない人もいるんだから」と男子に。先生のその言葉にショックを受けた後藤さんは、それ以来、冗談があまり好きではなくなってしまったという事。大体の冗談はプラスのイメージで使われる事はないと感じている後藤さん、「私にとって、冗談は『オブラートに包んだ悪意』です」と締めくくっています。


 このツイートを見た人からは、大体の「冗談」が人をイジる方向で発せられていると感じている様で、「昔は発言で場の雰囲気が悪くなった時に、冗談という言葉で取り繕った経験がある」「冗談でも人を傷つける発言は冗談と言っちゃいけないと思う」「言葉は人を殴るよりも簡単に人を傷つける」「自分を落とす方向での冗談は場を和ませるために使う」「これは心に刺さった。気を付けます」など様々な意見が。


 そして、もし教師の立場であれば「冗談だとしても、言っていい事と悪い事がある」と諭したいという意見には筆者も強く同意したい思いです。「冗談」とは、遊びの範囲内でふざける言葉や行為の事を指しますが、例えそれが遊びの範囲のつもりであっても、人に対してマイナスのイメージを表す言葉を冗談として使うという事は、人を傷つける事に繋がりかねません。それは、いじめとも同義。冗談で人をけなすという行為は、言葉の暴力ともいえるのです。


 人をからかったりふざけたつもりで体や心に傷害を与えた場合……それが悪気がなくても立派な「傷害」です。冗談が誰かを傷つける「傷害」になっていないか、誰かに言う前にちょっと考えてみるといいかもしれません。



<記事化協力>
後藤羽矢子さん(@hayakogoto)


(梓川みいな)


このニュースに関するつぶやき

  • 今の職場で、散々ヒトの身体的特徴でイジられて、マジギレしたら「こんなの冗談じゃんwマジで怒るなんて、冗談も通じないヤツだなwww」って言われた 人を怒らせる冗談は、冗談じゃない 唯の悪意だ�फ�á��ܤ���
    • イイネ!5
    • コメント 1件
  • 統計として「冗談」を言うヤツは、同じレベルの「冗談」でツッコまれると逆切れする。
    • イイネ!1005
    • コメント 37件

つぶやき一覧へ(872件)

あなたにおすすめ

ニュース設定