ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 酒井法子が子ども健全育成大使

酒井法子、子ども健全育成大使就任 大役に葛藤も「私にできることがあれば…」

2276

2018年07月18日 14:48  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真初代「子どもの健全育成大使」に就任した酒井法子 (C)ORICON NewS inc.
初代「子どもの健全育成大使」に就任した酒井法子 (C)ORICON NewS inc.
 女優で歌手の酒井法子(47)が、子どもの健全育成活動をPRする「子どもの健全育成大使」に任命され18日、都内で行われた就任式に出席。記念すべき初代大使就任に「大役を務めさせていただくことを誇りに思っております。何ができるか、とにかく、一生懸命やらせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします」と決意をにじませた。

【全身ショット】黒の膝出しワンピで美脚を披露した酒井法子

 青少年の“こころ”と“からだ”の健全育成を図ることを目的に、1973年にB&G(ブルーシー・アンド・グリーンランド)財団が立ち上げた同大使。海が好き、児童養護施設や障がい者施設でのボランティア経験がある、社会貢献に前向きであるという3点から酒井が適任であるとして、今回の初代大使就任にいたった。

 大使就任にあたって、同財団が「酒井さんがインタビューで『たくさんの人に迷惑をかけた。罪を償いたい。社会貢献をしたい』ということをおっしゃっていたので、当財団としては、これからの活動に着目して、青少年の育成活動を行ってもらいたい」との趣旨の話をしていたため、報道陣からは2009年に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕され、一時は芸能活動を休止した時期もあったことに絡めた質問も飛んだ。

 これに対して、同財団の菅原悟志理事長は「我々は青少年の育成活動を行っていますが、自然体験スポーツの中で、子どもが失敗することも多々あります。しかしながら、つまづいた子どもでも何度でもやり直しがきくと教えてきています。薬物云々という話もありますが、今は全く縁が切れているので、これからの活動に着目して、酒井さんには現場で子どもたちのために汗を流していただきたい」と期待を寄せた。

 一方の酒井も「私としても大役を務めさせていただく上で、いいのだろうかという疑問はありました。しかし、こういったお気持ちをいただいて、私にできることがあればということで、いろんな活動に楽しく参加させていただきたいと思います」と言葉に力を込めていた。

 大使としての活動は8月からスタートする予定で、同財団および全国471ヶ所にある社会体育施設であるB&G海洋センターや自治体で行われる子どもを対象とした各種事業に無償で参加するなど、次代を担う子どもたちの育成活動に協力していく。任期は2年だが、継続も可能となっている。

このニュースに関するつぶやき

  • 酒井法子「暑くて元気でないの?良いお薬知ってるから注射してあげるね」ってか?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • のりピーを選んだ人は絶対に間違った人選大使に任命
    • イイネ!1724
    • コメント 13件

つぶやき一覧へ(1490件)

あなたにおすすめ

ニュース設定