ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 違法同人誌サイト 運営の手口

広告主取材後にサイト消滅 関係者が語る「違法同人誌サイト」運営の手口 “有料ポイント制”で荒稼ぎも

22

2018年07月20日 11:42  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「プレミアムフリーパス」という有料ポイント制を用いていた違法同人誌サイト(取材後に消滅)
「プレミアムフリーパス」という有料ポイント制を用いていた違法同人誌サイト(取材後に消滅)

 違法同人誌アップロードサイトを複数運営を行っていた熊本県の法人「A社」について、複数の関係者が「違法同人誌サイトを運営するに至ったいきさつ」「無断転載なのに利用者からお金をとる手口」などを赤裸々に語りました。



【画像:違法同人誌サイトの運営手法(A社内部資料)】



●違法同人誌サイトはいかにして生まれたか



 6月23日掲載の記事、「『同人誌ならグレーだから訴えられない』『駿河屋で買って自社で裁断』 被害続く“違法同人誌サイト”、法人運営の悪質手口を関係者に聞いた」では、複数の違法同人誌アップロードサイトの運営元、A社を取り上げました。



 A社は取材に対し、一貫してサイト運営への関与を否定しましたが、同人誌を自社裁断してアップロードするなどの悪質な手口が明らかになると、記事を見た複数の関係者からコンタクトがありました。



●成り立ちを知る情報提供者1さん



 1人目は、A社がなぜ同人誌に関わるようになったのかを知る情報提供者1さん(以降、1さんと呼びます)。同人事業立ち上げ当時の様子を克明に語りました。



――1さんの経歴を教えてください。



1さん:10年ほど前にA社の子会社T社で働いていたことがあります。T社は当時「東京進出第一号店」といった立ち位置で、事務所も都内にありました。



――どういった事業をやっていたのでしょうか。



1さん:「同人堂」という同人誌のインターネット通販サイトの運営がメインでした。当初は「とらのあな」や「メロンブックス」のようなサイトを目標にした健全運営で、当時としては珍しい携帯電話から同人誌を買えるサイトだったので、目の付け所は良いなと思いました。おそらくこの「同人堂」がA社と同人誌事業との最初の関わりだと思います。



――具体的にはどんな仕事をしていたのでしょうか。



1さん:取り扱いたい同人誌を発行しているサークルに営業をかけるなどです。「同人堂」は「同人関係はおいしいから」という理由で、A社からの出向の社員数人とアルバイト1〜2人でスタートしましたが、会社自体に同人系の知識が全くなかったので、当時の売れ筋や、どのサークルに営業をかければいいかについては、特定のアルバイトや社員に頼り切りでした。



――当時の売り上げはどうでしたか。



1さん:競合が少なかったので、売り上げは良かったです。ただ、軌道に乗ってきたころにA社側の意向で出会い系サイトの広告を出し始めたり、売り上げを伸ばすために実写ものに手を出し始めたりしたことから、純粋に同人系が好きだったスタッフとA社寄りのスタッフとの間で衝突が起きてしまいました。



――衝突の原因を詳しく教えてください。



1さん:古物商営業許可を持っていないのに小売店から買ってきた同人誌を無許可で転売するなどです。当初は許可を得たサークルの作品のみを取り扱っていましたが、スタッフ間の衝突によって管理がずさんになり、クレームが多発する原因となりました。その後私は退職しましたが、事業がたち行かなくなり、「同人堂」は別の会社に事業を譲渡したと聞きました。



――T社にいたころ、印象的だったことなどはありますか。



1さん:ひどいパワハラ体質でした。ちょっとでも遅刻したら罰金を課す、ノルマ達成ができないとひどく叱責するなど、かなり厳しかったですね。



●違法同人誌アップロードサイトの立ち上げに関わった2さん



 続いてはA社が運営していた違法同人誌アップロードサイトの運営手法について詳しく知る情報提供者2さん(以下、2さんと呼びます)。自身も二次創作活動を行っていることなどから、違法アップロードに関わってしまったことについて強い後悔を抱いています。



――サイトの立ち上げなどに詳しいとのことですが、具体的にはどんな仕事をしていたのでしょうか。



2さん:特に調査等は行わず、「同人誌サイトを立ち上げる」という前提のもと、2次元、BLなどジャンルを問わず数多くのサイトを立ち上げては、SEO、広告収入が取れるサイトを残していく、という形がほとんどです。



――1サイトにつき、何人ぐらいで対応するのですか。



2さん:ほぼ1サイト1人です。



――1サイトにつき1日何作品アップしていましたか。



2さん:大体7〜8冊程度です。ユーザー数の多くなる時間を調べて、そこに合わせて更新をしたりしていました。



――アクセスが多いサイトだとどれぐらいのPV数を稼いでいたのでしょうか。



2さん:数年前の数字になりますが、人気のサイトでは月間およそ100万PV以上あったと思います。PVが多いサイトは同人誌を自社開発のツールで1コマずつに切り取り、全体ページ数のカサ増しを行っていました。表向きはユーザーさんが見やすいように、とうたっていましたが、要はページ数が多ければ多いほど広告のインプレッション数も上がり、広告収入が多くなるためです。



――収入が多かったサイトにはどんなものがありましたか。



2さん:広告収入、販売収益に関しては、「プレミアムフリーパス」を導入していたサイトが群を抜いていました。



――「プレミアムフリーパス」とは何なのでしょうか。



2さん:ポイントサイトのような感じで、「ある有料サイトに会員登録すれば500ポイント付与(500ポイント分は作品を読める)」というものです。より明確に無断アップロードした同人誌でもうけようという感じで、特に力を入れていたように思います。当時1カ月で約1000万以上の収益があったと聞いていました。



――無断転載しておいて、利用者からはお金を取るなんて信じられないですね。著作権者からクレームが入った場合は削除していたのでしょうか。



2さん:同人誌に記載されているメールアドレスと、削除申請を送ってきたメールアドレスが一致していれば削除をしていました。サイト毎に削除対応用のテンプレートがあったので、比較的スムーズだったと思います。DMCA(デジタルミレニアム著作権法)による削除申請や刑事告訴等の言葉があった際は、一度上層部に報告し、削除対応用の文章を管理者と話し合ってから対応、というケースもありました。



――削除に応じないケースというのはどういったものでしたか。



2さん:一般ユーザーからの削除申請についてはどのサイトも無視をしていました。また削除申請してきた作者のTwitterやpixiv等は記録しており、「この作家さんは削除申請があるので載せないように」とチーム内で情報交換を行っていました。



――編集部にはA社が二次創作作品を自社出版していたという情報も寄せられたのですが。



2さん:自社出版のことは把握しています。以前はA社内に出版チームがあり、相当数の二次創作同人誌を夏コミなどで頒布していました。今でも製作した人は在籍しており、広告担当として勤務していると思います。ただタチが悪いなと思ったのは、夏コミ会場で作家さんから直接同人誌を購入しておいて、それを無断アップロードしていたことです。



――同人誌を作ることの大変さを分かった上で、違法アップロードを繰り返していたとなれば悪質ですね。他にA社の運営で気になる点はありましたか。



2さん:A社はある通販大手のグループ会社だと聞いていました。よく通販大手の経理部からA社に電話がかかってきていたので、何らかの関係があるのだと思います。またA社は女性向けアダルトグッズの通販も行っていますが、「特定商取引法に基づく表記」に運営統括責任者として書かれているのは偽名です。「O優子」という人物は存在せず、実際はO部長という男性が責任者です。



 それにこのO部長は違法同人誌サイトの運営にも深く関わっており、当時のメールのやりとりも残っているので、前回の取材に対して「(同人誌サイトのことは)知らない」と回答していたのはおかしいです。



――最後に言いたいことはありますか。



2さん:私自身も二次創作をする人間で、このような違法アップロードに関わってしまい多くの方にご迷惑をおかけしてしまったことについては、今でも反省と後悔をしています。少しでも皆さまへの謝罪と、おこがましいですが贖罪ができればと思いお話させていただきました。



●ネットから拾ってきた画像や動画をアップするという仕事



 次にお話を聞いたのは、ネット上の画像や動画を拾ってきてアップする作業を行っていたという情報提供者3さん(以下、3さんと呼びます)。「3次元」と呼ばれる実写ものにも関わったことがあると言います。



――A社ではどれぐらい働かれましたか。



3さん:大体5年くらいでしょうか。私は同人誌よりもアダルト系のイラストを加工してアップすることが多かったです。1日につき30〜50枚はアップしていたと思います。



――画像の加工とは主にどんなことをするのでしょうか。



3さん:当時はガラケー対応もありましたので、各端末の解像度(VGA、WVGAなど)に合わせてサイズを変更したり、 モザイクが薄い(あるいは無い)作品に対してモザイクを掛けたりしていました。著作権よりもアダルト画像の無修正による摘発をかなり警戒していたと思います。



――当時はどんな広告が多かったですか。



3さん:出会い系の広告が多かったように思います。



――「3次元」といわれる仕事もあったそうですね。



3さん:3次元はいわゆる実写で、ネットから写真や動画などを拾ってきてアップしていました。



――A社がある通販大手のグループ会社だとする声もあるのですが。



3さん:通販大手の子会社がA社だと思っていました。当時は「○○(ある大手通販会社名)の○○さんからお電話です」といった会話も少なくありませんでした。



●同人誌サイトに無断転載された被害者は今



 最後にお話を聞いたのは、A社が運営する違法同人誌アップロードサイトに同人誌を無断転載されたという被害者です。被害者はサークル活動をはじめて5年程度で、男性向けの二次創作漫画を描いている中堅作家です。「原作が大好きで、その気持を糧に同人誌を作っている」と語る一方で、無断アップロードの被害に憤りを隠しきれません。



――同人誌がA社が関与するサイトに無断アップロードされたと聞きました。



被害者:A社関連の違法同人誌サイトなどをはじめ、多数のサイトに転載されています。



――なぜ無断転載に気付けたのでしょうか。



被害者:インターネット上での評判や感想、検索結果が見てみたくて、いわゆるエゴサーチ的に自分のサークル名を検索したところ、無断転載サイトが検索上位に出てきたことで気付きました。



――同人誌には「無断転載禁止」といった文言を使っていましたか。



被害者:毎回必ず使っています。奥付部分に毎回記載しているのですが、オマケ漫画などが載っていてもそのページが転載サイトに掲載されることはほぼ無いです。ですがたまに載っていることもあり、盗人たけだけしいなと悪い意味で感心したこともあります。



――削除依頼をどのような手順で出しましたか。



被害者:サイトに削除申請フォームがあったので、そこにサークルの当事者であること、まだ通販サイトで委託販売が続いていること、不愉快であることなどを伝えました。サイトによっては名前などの入力フォームがあり、なぜこちらの個人情報を明かさなければならないのかと憤りました。また、そもそも連絡先を記載していないため削除依頼を出せないというサイトもあります。



――削除対応はスムーズでしたか。



被害者:特に向こうからの反論などもなく、また謝罪のメールが来ました。謝るなら最初からやるなという話ですが。もちろん、サイトによっては謝罪メールなく無言で掲載が削除されていたり、無視して掲載し続けていることもあります。



――無断転載によって発生したと考えられる被害についてはどう考えておられますか。



被害者:とらのあなやメロンブックスなどで委託通販をしている作品については、5000〜1万回程度違法同人誌アップロードサイトで閲覧されていたので、頒布の機会は相当失われていると思います。また同じ画像データが使い回される形で他の違法サイトやアンテナサイトにも掲載されてしまうので、一度アップされてしまうとほぼ無間地獄に突入します。



 また同人誌は本来「本という物理媒体だし即売会や限られた場所でしか購入できないから、オタク以外の一般人が見る可能性は少ない」「何かが起きても作者が責任をもって対処できる」というものですが、無断転載サイトは誰でも閲覧できる他、データもいくらでも保存でき、いつまでも拡散され続けますので、そういった自然なゾーニングが一切できません。無断転載サイトに同人誌が掲載されてしまうと、われわれ作者個人の手で管理できる範囲を超えてしまうのです。



――現在も無断転載は続いていますか。



被害者:続いています。削除申請フォームから依頼を出す際に「なぜ被害者の名前や情報を違法行為を働く加害者に明かさなくてはいけないのか」という憤りと警戒心が生まれたことから、今は主にDMCA申請(いわゆるGoogle八分)の方を行うようになりましたが、それでも別URLでアップされたり、別の違法サイトに転載されたりといたちごっこが続いています。



 またDMCA申請をするのにも個人情報とURLが必要で、そのURLを得るために違法サイトにアクセスしないといけないのですが、それすら加害者の利益になってしまうこと、また検索結果から消えるだけでURLそのものが消えるわけではないこと(サイト内からならアクセス可能)、という精神的徒労感から、最近では半年に一度程度の申請、完売した作品は放置といった状態にとどまっています。



――A社など、無断で同人誌を転載しているサイトに対して言いたいことはありますか。



被害者:「有名サークルになった証だろ」「宣伝になっていいじゃん」「転載サイトで読むやつは結局サイトがなくなっても買わない」「二次創作のくせに声を大きくするな」と言われ、そうなのかな……と思ったこともありましたが、漫画村の件を見ているとそれは違うと思えるようになりました。一番辛かったことは、即売会の翌日に新刊が転載されていたことです。大好きな原作への愛情や情熱を寝る間も惜しんで注ぎ込んで必死になって作った同人誌は、二次創作ではあっても自分の心の分身であり、本当に大切な宝物です。それに共感して、サークルスペースに足を運んでくれたんだと大切な本を手渡した人々の中に、持ち帰ったあとすぐ本を引き裂いてネットにアップロードし、自分の利益にしている者がいたのだと思うと……腸が煮えくりかえります。



 そして同時に、サークルスペースまで足を運んで私の本を買ってくれる人々が、みんな信じられなくなりました。人間に紛れた人狼は誰なのか分からないのです。激しい疑心暗鬼に襲われ、またそういった感情を、本当に私の作品に共感してくれている側の人たちへも巻き込んで抱いていることに強い罪悪感を覚えます。



 自分の「好き」という気持ちを発露し共有しあえる楽しく幸せなはずの場所で、なぜこんな苦しみを覚えなくてはいけないのでしょうか。同人や二次創作は確かに趣味でグレーの世界ですし、自分が勝手に自己責任でやっていることです。原作側から勧告を受けたらすぐに責任を果たして対処する覚悟もあります。ですが、関係者でもない見ず知らずの人々からこんな暴力を振るわれ、心と作品を傷つけられてもいい理由にはならないと思うのです。違法転載サイトを運営する側の人々も、彼らに広告を依頼する会社も、転載サイトを利用している人々も、彼らを擁護する人々も、その行為が誰かの純粋な「好き」の心を、再起不能にできるレベルで傷つける暴力行為であることを、理解してください。同人誌の無断転載アップロードは、違法行為です。



●「プレミアムフリーパス」導入サイトの広告出稿主を取材



 さまざまな証言を踏まえ、編集部では「プレミアムフリーパス」なる有料ポイントサービスを導入していた「BLDOG」というサイトに注目。「このサイトに入会すれば〇〇ポイント付与」といった形式で名前が上がっていた占いサイトの運営主に取材を申し入れました。



――「BLDOG」というサイトに広告が出稿されていますが、把握していますか。



占いサイト主:そういうサイトの名前は聞いたことがありません。検索してみますので、URLを教えてください。



(URLを伝える)



――「プレミアムフリーパス」のところには、占いのサイトに登録するとポイントがもらえると書いてあります。どうしてこちらに出稿しているのか教えてください。



占いサイト主:確かに私がやっているサイトの名前が入っていますね。ただこのサイトは今初めて見ました。ポイント型の広告を取り扱う代理店と複数契約しているので、その関係で出稿されているのだと思います。良くないサイトだと思いますので、すぐに広告を落としてもらうよう伝えます。



 この取材から間もなく、「BLDOG」はサイト自体にアクセスができないようになり、事実上の閉鎖となりました。この件についてA社に問い合わせようとしましたが、前回取材に応じたO部長は「不在」とのこと。他の担当者も不在とのことでコメントは得られませんでした。



●大手通販「資本関係もなく迷惑な話」



 また複数の証言を踏まえ、A社と何らかの関係があるとみられる大手通販会社にもお話を聞きました。



――A社との関係を教えてください。



広報:資本関係もありませんし、経理に確認しましたが商取引も一切ありませんでした。



――複数の関係者から、「大手通販会社の経理担当者からA社に対して電話がかかってきたところを見た」という証言があるのですが。



広報:経理にもあらためて確認しましたが、そのような事実はありません。



 その後も大手通販の広報担当社は「なぜ自社の名前が出てくるのか。迷惑だ」と話し、A社との関連性をきっぱり否定しました。その一方で情報提供者らは「全く関係がないとは考えられない」「何度も電話がかかってきていた」との証言を繰り返しています。



●いまだ止まらない“違法アップロードサイト”への広告出稿



 前回の記事を掲載してから本記事を掲載するまでに、A社関連の違法同人誌サイトでは複数の広告が取り下げられたことが確認できました。その一方で7月13日時点では「MEDIAD2(メディアド2)」や「ジーニー」などをASPとする広告の配信が確認されているほか、サイトの更新自体も続いています。



 また現在は配信を停止していますが、A社社員の名義でApp Storeに複数の“違法同人誌リーダー”アプリが配信されていたことも確認されており、こちらにも別の広告代理店や出稿主が絡んでいたと考えられています。



 前回の取材後、A社については「同人誌関連の事業を自社内ではなく、関連会社内で行うことにしたようだ」との情報もありますが、違法コンテンツが法人によって運営されているという状況は変わらず、いたちごっこが続いています。



※画像は一部編集部で加工しています。


このニュースに関するつぶやき

  • あぁ、それで接続できないサイトがあるわけねwww
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 「同人堂」というネーミングの同人誌通販サイトを開設するとはかなりの勇者ですね。(理由は省略)
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定