ホーム > mixiニュース > トレンド > 「南町田駅」の駅名を改称へ

東急田園都市線「南町田グランベリーパーク駅」2019年度中に改称へ

564

2018年08月16日 15:42  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
町田市、東京急行電鉄、ソニー・クリエイティブプロダクツは16日、「南町田グランベリーパーク」内に「スヌーピーミュージアム」を開館すると発表した。最寄り駅の南町田駅は2019年度中に「南町田グランベリーパーク駅」に改称され、平日も急行が停車する。

東急田園都市線南町田駅は1976(昭和51)年10月15日に開業した。現在は平日に各停・準急、土休日に各停・準急・急行が停車し、1日あたりの乗降人員は2万9,415人(2017年度実績)。駅周辺では、鶴間公園とグランベリーモール(2017年2月閉館)跡地を中心に、官民連携で都市基盤・都市公園・商業施設・駅などを一体的に再整備する「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」が進められ、2019年秋に「南町田グランベリーパーク」の名称でまちびらきを迎える予定となっている。

今回、町田市と東急電鉄、ソニー・クリエイティブプロダクツの3者は、スヌーピーファンの聖地「チャールズ M.シュルツ美術館」(米国カリフォルニア州)のサテライトミュージアム「スヌーピーミュージアム」を「南町田グランベリーパーク」の中央部分に位置する「パークライフ・サイト」エリアに開館することで事業合意したと発表。「南町田グランベリーパーク」のまちびらきに合わせ、2019年秋に開館する予定となった。

最寄り駅となる南町田駅も、「駅名をまち名称と同じ名称とすることで、新しいまち名称の認知度向上を図ること」「新たな市のにぎわい拠点『副次核』として、まちにさらなる愛着を持ってもらうこと」「訪れた人に、駅に降り立った瞬間に新しいまちに来たことを実感してもらうこと」を目的に、2019年度中に駅名を「南町田グランベリーパーク」へ改称。これまで土休日のみだった急行停車を拡大し、平日・土休日ともに急行停車駅とすることで、新たな郊外拠点としての利便性向上を図る。

あわせて駅施設の大型改修も実施。ホームドアやエスカレーターを設置するほか、南北自由通路に通じる正面口改札、グランベリーパーク側の南口改札を設け、正面口改札前に店舗などの「駅前利便施設」を配置する。ホーム待合室や旅客トイレもリニューアルし、コンコース改修によって開放的な駅空間を創出するという。なお、南町田駅の駅名改称および平日の急行停車の具体的な実施時期など、詳細は追って発表するとしている。(上新大介)

このニュースに関するつぶやき

  • 最寄駅として書くのは抵抗があるね…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • どうせ、フルネームでは呼ばれることのない駅でしょうね。結局はみんな「南町田」と略すことになるでしょう。
    • イイネ!158
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(261件)

あなたにおすすめ

ニュース設定