ホーム > mixiニュース > 海外 > トルコ、24.0%に大幅利上げ

トルコ、24%に大幅利上げ=大統領は依然反対

23

2018年09月13日 21:05  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【ロンドン時事】通貨危機に見舞われたトルコの中央銀行は13日、主要政策金利を6.25%引き上げ、24.0%にすることを決めたと発表した。通貨リラは8月に暴落。インフレ率も年20%近くに達しており、中銀は通貨防衛や経済の正常化に向け、景気優先のエルドアン大統領に逆らう形で利上げに踏み切った。

 決定を受け、外国為替市場ではリラが対ドルで急伸した。

 声明で中銀は「物価安定を支えるため、強力な金融引き締めを実施する」と表明。必要なら一段の金融引き締めも辞さない構えを強調した。

 トルコは8月、米国人牧師の拘束問題をめぐり米国との外交関係が悪化。トランプ米政権がトルコ製品に対する制裁関税を発表したことなどで市場の不安が高まり、リラは過去最安値の1ドル=7リラ台まで下落した。

 トルコのメディアによると、エルドアン大統領は中銀の発表直前、首都アンカラでの会合で、「中銀は独立しており、独自の決定を下す」と述べた。一方で、国内の高いインフレ率は中銀の誤った政策の結果だと指摘し、利上げに反対する姿勢を改めて示していた。 

このニュースに関するつぶやき

  • そもそもイスラーム世界ではシャリーアにより金利は望ましくないもの、あるいは禁じられたもの(ハラーム)と見なされて、金利を設定する事も支払う事も無い筈だがwwwトルコはイスラーム国家では無いのだね。
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • 大統領にそんたくせず正しい決断。
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定