ホーム > mixiニュース > トレンド > 相部屋廃止 全個室のフェリー

全個室のフェリー就航 コンセプトは「動く海上ホテル」

272

2018年09月14日 09:31  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真テレビや洗面台があるデラックスシングル=愛媛県西条市今在家
テレビや洗面台があるデラックスシングル=愛媛県西条市今在家

 東予港(愛媛県西条市)と大阪南港を結ぶ「オレンジフェリー」を運航する四国開発フェリー(今治市)は8月下旬から、新フェリー「おれんじ えひめ」を就航させた。相部屋を廃止してシングルとツインの全室個室を実現。国内のフェリーでは極めて珍しいという。


 1999年就航の「おれんじ8」の代わりに就航し、東予―大阪南を夜間に約8時間で結ぶ。今治造船が建造し、建造費は約80億円。総トン数約1万5千トン、全長199・9メートルで、瀬戸内海を夜間運航できる船としては最大級。全室個室化により旅客定員は「おれんじ8」より189人少ない519人となる。12月には94年就航の「おれんじ7」の後継として、「おれんじ えひめ」と同型の「おれんじ おおさか」も同航路に就航する予定。


 四国開発フェリーによると、「動く海上ホテル」をコンセプトに掲げ、女性や海外からの旅行客の取り込みを狙う。追加料金を払えば、ペット連れで泊まれる部屋もある。同社の蝶野文雄業務部長は「鉄道など他の交通手段と比べ、速さで劣る分、差別化を図った」と話す。


 「おれんじ えひめ」で最も安い「シングル」は「おれんじ7」の2等寝台と同じ6840円。大部屋の2等指定より千円ほど高い。同社の担当者は「2等指定がなくなり、『割高になった』というお客様もいるが、おおむね好評」と話す。「おれんじ おおさか」就航後に移行する新運賃は近く発表するという。


 貨物輸送の手段をトラックから海運などに切り替える「モーダルシフト」による需要増を見越して、トラックの積載量も3割強増やした。車両はトラック160台、乗用車45台を積める。


 問い合わせは、旅客・予約センター(0898・64・4121)へ。(柳川迅)


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • おれんじ8は、四国巡礼などで雑魚寝〜特等まで、全て利用させてもらいました。ガイアの夜明けでも見たけど、全個室は良いね。また乗ってみたいです。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • ('A`) 記事タイトルを「相部屋(あいべや)廃止」なのに「相撲部屋(すもうべや)廃止」に見間違えてしまった・・・。http://photo.mixi.jp/view_photo.pl?photo_id=2115827530&owner_id=2169985
    • イイネ!175
    • コメント 25件

つぶやき一覧へ(162件)

あなたにおすすめ

ニュース設定