ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > バド桃田賢斗 元世界1位に快勝

桃田賢斗が元世界1位に快勝「少し寂しさがあった」

15

2018年09月14日 15:44  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真男子シングルス準々決勝で林丹(リン・ダン)を破った桃田(撮影・足立雅史)
男子シングルス準々決勝で林丹(リン・ダン)を破った桃田(撮影・足立雅史)

<バドミントン:ジャパン・オープン>◇14日◇東京都調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザ◇男子シングルス準々決勝



8月の世界選手権を制した桃田賢斗(24=NTT東日本)が、元世界1位で北京、ロンドン五輪連覇の林丹(34=中国)に2−0(21−8、21−10)で快勝した。


バドミントン界のレジェンドで、中国の国民的英雄でもある林丹は、桃田がラケットを握り始めたときから憧れの選手。同じサウスポーで、プレーを動画で繰り返し見てフットワークを参考にしてきた。


15年の全英オープンで0−2で敗れて以来対戦で圧倒し、世代交代を印象づけたが「レジェンド選手に憧れたままではいられないなと…。勝ったときには少し寂しさがあった」と感傷的なコメントを口にした。

このニュースに関するつぶやき

  • いやあ、今年はあやうく三位になりかけたけど…今年も世界一位だったよ。たとえば世界五位がいるよね。しかし、そいつが世界五位だったとしても…僕は世界一位なんだよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • もう完全に別人だね。過ちを犯したあと、寝る間を惜しんで練習して、苦手だった走り込み、トレーニングも積極的に取り入れた。2年後のバド界は、桃田を中心に群雄割拠だな!追う立場から追われる立場へ…!
    • イイネ!15
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

ニュース設定