ホーム > mixiニュース > スポーツ > 格闘技 > 総合格闘家の山本“KID”徳郁さんが死去 41歳

総合格闘家の山本“KID”徳郁さんが死去 41歳

0

2018年09月18日 13:00  BIGLOBEニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BIGLOBEニュース

写真画像は「KRAZY BEE」ホームページより
画像は「KRAZY BEE」ホームページより

総合格闘家の山本“KID”徳郁さんが9月18日に亡くなったことがわかった。41歳だった。


山本さんが主宰する格闘技ジム「KRAZY BEE」がTwitterで訃報を公表。「山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます。」と伝えた。


山本さんは8月26日に自身のInstagramで「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」とがんを告白。「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」と綴っていた。


父がレスリング元日本代表の郁榮氏、姉の美憂氏、妹の聖子氏も元世界女王というレスリング一家の山本さんは、2001年にプロ格闘家としてデビュー。小柄ながらも圧倒的なスピードとパンチ力で活躍、「神の子」と呼ばれ人気を博した。2004年にK-1に参戦し魔裟斗との試合で大きな注目を集め、2005年にはHERO'S初代ミドル級世界チャンピオンに輝いた。「神の子」「KID」というニックネームについては、「ミュンヘンオリンピックに出場した父親は自分の中では神。だから俺は神の子(KID)」と発言したことが由来とされている。



    あなたにおすすめ

    ニュース設定