ホーム > mixiニュース > コラム > 最近「美しい」と感じたもの

最近、あなたが「美しい」と感じたものはなんですか?

664

2018年09月23日 18:20  TOKYO FM +

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TOKYO FM +

写真最近、あなたが「美しい」と感じたものはなんですか?
最近、あなたが「美しい」と感じたものはなんですか?
東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。9月11日(火)放送のテーマは「最近見た美しいもの」でした。夏が去ってしまい寂しい反面、秋の高い空を美しいと感じることも多い今日この頃。綺麗な夕日。真っ青な海。満天の星空。夜景。人は美しいものを見ると感動しますが、その対象は人それぞれ。今回は街の人に「最近出会った美しいもの」について聞いてみました。

※写真はイメージです



テーマ:「最近見た美しいもの」

◆日本映画に独特の美しさをみた

「映画です。つい10日ほど前に、是枝裕和監督の『歩いても 歩いても』を観ました。日本の情景を美しく描いているというところもあるんですけど、独特な会話の中に生じる“間”が自然体で、魅力を感じました。是枝監督はドキュメンタリー出身なんですけど、主人公がしゃべってないところで端でしゃべっている人たちにも台詞があるんですよ。雑音ではなく、こそこそって聞こえる台詞も物語の核になっているというところに、あらためて日本映画の美しさを感じました。ひとりではなく家族と観ることによって、是枝監督が描いてきた“家族”というものを考えさせられました。自分にとって美しいものは、視覚に訴えるものもあるんですけど、プラス、心に響いてくるものですね。琴線に触れてくるものが本当に美しいものだと思います」
(32歳/男性/新聞社勤務)

◆子どものピュアな視点に

「先日、地域の集まりで子どもたちにポスターの絵を描いてもらおうっていう企画があったんですけど、条件としては、お祭りの日時を書いてあとは自由に何を書いてもいいよっていうお題だったんですね。小学生30 人くらいが描いていたんですけど、その中に『恐竜』を描いた小学2年生の女の子がいて。恐竜とは全く関係ないお祭りのポスターなんですけど、プテラノドンが池の魚を狙おうとしている絵で、それがカワイイなって(笑)。好きなものを表現したっていう衝動が、ピュアで美しいなって思うんですよね! 大人じゃ出てこないストレートな発想がすごいなって!」
(40代/女性/デザイナー)

◆公園で出会った虹色の蜘蛛の巣

「すごくきれいな蜘蛛の巣を見つけました。私はパラグアイの出身なんですが、パラグアイよりも美しい蜘蛛の巣を見つけて、感動して興奮しました。まさか日本でもこんなにきれいなものが見られるとは思ってなかったです。この蜘蛛の巣に出会ったときは、毎日興奮してました。見つけたのは、光が丘公園です。ウォーキングしているときにお日様めがけて歩いてたら、蜘蛛の巣が輝いて見えて。木の上できれいに虹色に輝いていて、感動して写真を撮って。

また、いつかこういう蜘蛛の巣に出会えるかなって、ウォーキングが楽しくなります。朝起きて『歩きたい』って思うようになりました。あのときは一瞬、ぼーっとして、放心状態になりました。美しすぎて。なんでも最初から決めるのではなく、この蜘蛛の巣のように、見方を変えれば素敵なものに見えるんだろうなって思うようになりました(笑)」
(57歳/女性/レース編み作家)

◆時の流れを感じさせる掛け軸

「今日、根津美術館に行ってきたんですけど、そこで見た掛け軸が美しかったです。昔の僧侶が書いた掛け軸で、書が書かれているものなんですけども、大きいものですと2mくらいの高さのものがありました。潔さ、書に込められた強いエネルギーを感じました。書の迫力も感じましたし、700年前のものを自分が見ているということに感動して、残されていることに美しさを感じました。これまで何人もの人がこの作品を残すために修復作業をされてきたでしょうし、後世に残そうという思いを持って作品に接していたんだなと思って、美しさを感じました。『美しいな』と感じる瞬間って、気持ちが日常から遠くに離れた瞬間だったりするので、リラックスできます」
(28歳/女性/会社員)

◆秋の夕暮れ空の美しさに感動

「職場のそばの立会川の河川敷遊歩道で見た夕方の空が、すごくきれいだったんです! 9月の空は雲が多いんですけど、その隙間から見える夕暮れと空のコントラストがすごくきれいで、オレンジ色が映えてました! 下のほうはオレンジなんですけど、上のほうには夜の色が少しずつ来てて……金星が光ったり、1番星や 2番星まで見えるくらいピカッと光ってましたね。小さめの路地に曲がったら、近所の家に小さい花が植えてあったんですけど、そこにアオスジアゲハがとまって蜜を吸っていたんですよ! 今日はきれいなものをよく見る日だなぁ〜って、満足して帰りました(笑)」
(34歳/女性/会社員)

【美しいものを話すとき、人は優しくなる】
どの方もとても抒情的にお話してくれた今回のテーマ。美しいものについて語るとき、人はとても優しいトーンになるのだと気づかされました。堀内貴之は「今日は本当に楽しかったです。聴いてるだけで目の前に浮かんでくるようだし、何より美しいものを語っている人そのものが美しいなと感じました」とコメント。誰かの話す「美しいもの」を想像しながら自分にとっての美しさについても考えさせられるオンエアとなりました。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月〜木曜15:00〜16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/
動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 透き通る様な綺麗な青い目をした赤ちゃん。 その目で可愛さ増してた。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この前mixiで見た記事。盲目の人を助けようとしたら、「大丈夫です、また次お願いします」と言われ「また次に他の困った人いたらお願いしますって意味なんだろうなあ、優しいな」と思ったその人の心。
    • イイネ!179
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(415件)

あなたにおすすめ

ニュース設定