ホーム > mixiニュース > 海外 > 駐車違反の罰金2ドルを44年後に支払った男性「ずっと払おうと思ってた」

駐車違反の罰金2ドルを44年後に支払った男性「ずっと払おうと思ってた」

69

2018年09月24日 19:01  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット
※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット
 アメリカ、ペンシルバニア州の警察に、44年前の駐車違反の罰金が郵送で届けられた。デイブと名乗る送り主は、5ドル紙幣ととも1974年に切られた駐車違反切符、手書きの手紙を同封。そこには「ずっと払おうと思っていた」という後悔の念がつづられていた。海外メディアSkyNewsが伝えた。

【写真】44年前の違反切符と同封された手書きのメモ

 郵便を受け取ったのは、スカーキル郡のミナースビルにある警察署だ。手紙には「私はこの違反切符を40年以上持ち歩いてきました。ずっと払おうと思っていました。私の情報をお送りしないことをお許しください」とのメッセージが記載されており、封筒には送り主の住所の番地として「申し訳ない気持ち」と記載されていた。

 警察署長のマイケル・コムズさんは、現地メディアCBS Phillyに対して「こんなに長い間切符を持っている人がいるなんて驚いた」とコメント。なお、1974年に課せられた罰金は2ドル。署長は「彼は罰金を支払った。44年後にね。つまり私は44年で3ドルしか稼がなかったっていうことだね」とおどけた。署長はデイブさんに会ってお礼をしたいと話している。

このニュースに関するつぶやき

  • 日本でやったらどうなるかな?その前に裁判所から呼び出しだろうね。
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • 先ず褒められるべきは違反しない人。次に褒められるべきは違反をしたらちゃんと反則金を納付した人。44年間放置していた時点で褒めるべき要素は何も無い。
    • イイネ!34
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(48件)

あなたにおすすめ

ニュース設定