ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 気づきにくい大人のアレルギー

ジントニックの「アレ」で腫れた唇……新婚旅行でもまさかの発症 気づきにくい大人のアレルギー

546

2018年10月09日 07:01  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真ジントニックの「アレ」が原因で唇周辺に水ぶくれが……
ジントニックの「アレ」が原因で唇周辺に水ぶくれが……

 32歳の私は成人後、唇周辺にできる原因不明の水ぶくれに悩んできました。ですが数年後、ジントニックなどのカクテルに含まれるトニックウォーターに対するアレルギーと判明。大学時代に所属した音楽グループの名前を「ジンとニック」とするほど大好きで、浴びるように飲んでいたのに、なぜ……。大人になってから発症するアレルギーには気づきにくい種類もあるそうです。私の体験を例に、皮膚アレルギーが専門の横浜市立大付属病院の相原道子院長の見解を紹介します。(朝日新聞文化くらし報道部記者・山本恭介)

【画像】え!臓器のぬいぐるみ!? 海外ではSNS映え&病気の見舞いに好評

原因はトニックウォーター
 私のアレルギーは、トニックウォーターに含まれていることがある「キニーネ」という成分が原因でした。摂取すると、唇が腫れて水ぶくれができ、かゆくなる症状が出ます。ただ、アレルギーと気づくまで4年ほどかかりました。

 気づかなかった理由の一つが、アレルギー物質の摂取と発症との間に時間差があったからです。


 <相原道子院長「アレルギーには大きく2種類あります。一つは、口から摂取してすぐ反応が出る「即時型」のじんましんで、小麦や卵、果物などの食物アレルギーが知られ、気づきやすいです」
 「もう一つのタイプは「遅延型」と呼ばれるもので、数時間経ってから症状が出るのが特徴です。(記者が経験した)決まった場所に水ぶくれなどの症状が出るアレルギー「固定疹」も時間差のあるタイプです。このタイプは、摂取と発症のタイミングに時間差があることから、原因に気がつきにくいです」>



下唇がたらこのように……
 最初の発症は、22歳で広島総局に赴任した2010年秋ごろ。

 朝起きると下唇がたらこのように腫れていて痛く、時にかゆくなりました。のどの奥もイガイガして、少し息苦しさが。次第に水ぶくれになり、かさぶたになった後は、笑う度に傷口が裂けていました。

 食事をするにも、大きく口を開けられません。治るまでの数週間は、マスクをして、にこりともできませんでした。近くの皮膚科では、疲れによる「口唇ヘルペス」を疑われました。


 <相原道子院長「固定疹は、ヘルペスの症状とも似ており、間違って診断されてしまうこともあります」>

新婚旅行でもまさかの発症
 その後も数カ月に一度発症しました。原因が分からず、発症のたびに、かゆみと炎症を抑える薬を処方してもらうしか策がありませんでした。

 2013年、沖縄への新婚旅行でも発症。羽を伸ばそうと浮かれていた初日の夕食後、何度も経験した唇のあの「ヒリヒリ感」がやってきました。「また唇が」と妻に伝えると、「えっ!また?」と驚かれる始末。感染を避けるため別々のタオルを使い、ほとんど近づくことがないまま、3泊4日の旅程を終えました。

 写真を見返すと、唇の痛みから、笑顔もぎこちない……。

ジントニックを愛する学生だったのに
 「変わったカクテルとかを飲まなかった?」

 旅行後、当時の勤務地だった熊本県内の皮膚科を訪れると医師に聞かれました。

 思い出してみれば、ホテルでの夕食前に出た色鮮やかなウェルカムドリンクを飲みました。

 「そういえば……」。私は社会人になってからは主にビールとハイボールを中心に飲んでいます。発症したのは、2次会のバーなどで、普段飲まないカクテルなどを口にした後でした。

 医師は、トニックウォーターに含まれることがあるキニーネのアレルギーの可能性を指摘しました。

 でも、疑問がありました。大学時代、ジンとトニックウォーターで作る「ジントニック」が大好きで、浴びるように飲んでいたからです。それが高じて、「ジンとニック」という名の4人組のアカペラコーラスグループを作ったほど。それでも、当時は何の症状もありませんでした。


 <相原道子院長「大人になって急にアレルギーを発症する仕組みは、完全には解明されていません。ですが、短期間で同じ食べ物や飲み物を大量に取ると、アレルギーの引き金になることがあります」>

気づきにくいアレルギー
 半信半疑でしたが、トニックウォーター入りの飲み物を避けてみました。バーなどでは注文時にトニックウォーターを入れないでほしいとお願いしました。すると、それ以来発症しなくなったのです。せめて、新婚旅行の前に気づいておけば……。悔やまれます。

 相原院長によると、気づきにくい大人のアレルギーは他にもあるといいます。


 <相原道子院長「『即時型』でも、チーク、ファンデーション、外国のお菓子などに使われる色素が原因で引き起こされるアレルギーはあまり知られていません。赤色の『コチニール色素』アレルギーは、じんましんなどを発症します。ただ、お菓子で発症したと分かっても色素が原因と気づきにくく、アレルギーと結びつかずに繰り返すことがあります」
 「ナッツ類や豆類が原因のアレルギーでは、即時型のじんましんの他に、これらに含まれる金属に反応するものがあります。食べてから数時間〜2日後にかゆみや赤いぶつぶつした皮疹が出るため、単なる湿疹だと思い、気づかず食べ続けてしまうことがあります」>



「原因が分かれば対応可能」
 今回の取材をするにあたり、自分が本当にアレルギーなのかどうかを確認するため、今年7月、東京都内の医療機関を受診しました。

 病院では、原因とみられる物質を使って腕や背中の皮膚で反応を見るプリックテストやパッチテスト、少量を摂取して反応を確かめる「誘発試験」などの方法で、診断するといいます。

 「今後もトニックウォーターを避ける必要があります」

 受け取った診断書には、そう記され、正式に診断を受けました。


 <相原道子院長「原因が分かりにくいアレルギーで苦労している大人は少なくありません。不調があればしっかりと過去を振り返り、それでアレルギーに思い当たることがあれば、病院に行くことを勧めます。原因が分かれば対策も可能です」>


 アレルギーと言えば、小麦や卵、果物などに反応し、すぐ症状が出るものというイメージを持っていました。なので、自分が発症した時には、アレルギーだとは思いもしませんでした。しかも、かつて大好きだった飲み物に含まれている成分に反応するなんて、なおさらです。

 誰でもなる可能性がある、気づきにくい大人のアレルギー。心当たりはありませんか?

このニュースに関するつぶやき

  • 幸い食べ物によるアレルギー、花粉症も無縁なんだけども、唯一気をつけてるのは香料の強い石鹸とかボディーソープ。アメリカに来て初めて知った。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • ちょっと違うかもしれませんが 花粉症も突然発症したりしますよね(;・ω・)
    • イイネ!147
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(233件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定