ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > ゲーム > ゲーム依存症 何が危険なのか

オンラインゲーム依存症の恐怖 感情や欲望を制御する脳神経細胞「死滅」も!

195

2018年10月12日 07:02  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真オンラインゲームの「断れない」関係は要注意(写真/gettyimages)
オンラインゲームの「断れない」関係は要注意(写真/gettyimages)
 ゲーム漬けの毎日で本人や家族の健康や生活に支障が出ている、ゲームをやめようとしてもやめられない、ゲームがないと何が何でも手に入れようとする……これらに心あたりがある場合、ゲーム依存症が疑われる。世界保健機関(WHO)がゲーム障害として病気の一つにも認定したゲーム依存症の何が危険なのか、精神科の専門医に聞いた。

*  *  *
 四六時中ゲームをしていては、学校の成績が下がる、そもそも学校へ行かない、大人なら仕事のミスが増え、遅刻や欠勤も。どちらも家族をはじめとする人間関係が崩壊。これらは目に見えやすいゲーム依存症による弊害であり、その多くは、インターネットを通じてチームで戦いをするオンラインゲームによるものだ。

 オンラインゲームによるゲーム依存症はネット依存症でもある。長年、ネット依存症の治療にあたってきた成城墨岡クリニック院長で精神科医の墨岡孝医師は、ネット依存症の目に見えない部分での危険性を指摘する。

「海外の研究では、ネット依存の期間が長くなればなるほど、感情や感覚、欲望を制御する脳神経細胞の死滅が進むことが明らかになっています。これはギャンブル依存症でも同様ですが、虐待を受け、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を訴える子どもに見られる脳の障害と似ているという点でとくに注目されています。ネット依存は度が過ぎると脳にとっては虐待と同じ、ともいえるのです」

 さらに、墨岡医師はオンラインゲームの「仲間に縛られる仕掛け」もゲーム依存症の危険な一面だという。

「オンラインゲームの場合、戦い以外の、チャットを使った仲間とのやりとりの時間も意外と多いものです。これで“断れない”関係が進み、時間を問わず参戦してしまうわけです。すなわちSNSの問題もはらんでいるわけです。さらに、仲間のために時間だけでなく、お金も使うようになると課金の問題も出てきます。より強くなるため、より称賛されるために、際限なくキャラクターやアイテムを買ってしまうのです」

 ゲームオーバーがない、獲得ポイントが何倍にもなる時間や期間を設定といった、いつまでも終わらせない、誘い込む仕掛けもオンラインゲームの特徴だという。

 オンラインゲームはネットを使ったゲームであり、墨岡医師によるとネット依存症は下記のチェックリストで診断されることが多い。ネット依存症に関する調査でも広く使われているという。

【5項目以上あてはまったら「ネット依存症」】
――Youngによるネット依存尺度:8項目(1998年)から作成

・インターネットに心を奪われていると感じるか
(オンラインの活動を思い出し、次に接続することを楽しみにしているか)
・インターネットで充足感を得るために、より多くの時間を費やす必要を感じるか
・インターネット使用時間をコントロールしようとして何度も努力し、失敗した経験があるか
・インターネットの使用をやめようとしたとき、気分が落ち着かなかったり意気消沈したりするか
・予定よりも長時間、オンラインでいるか
・仕事、学校などにおける大切な人間関係を、インターネットが原因でなくしてしまいそうになったことがあるか
・インターネットの利用について、家族やセラピストなどにうそをついたことがあるか
・現実逃避や不快感(無力感、罪悪感、心配、抑うつなど)から逃れる目的でインターネットを使うか

 自分自身、あるいは家族などがオンラインゲームに“はまっている”なら、依存症レベルかどうか、チェックしてみてはどうだろうか。該当する場合、早めに専門の医療機関を受診することも検討したい。

(文/近藤昭彦)

【おすすめ記事】秋の夜長にゲーム三昧… それってもしかして「ゲーム障害」かも?


このニュースに関するつぶやき

  • そう言うならスマホ依存症の方が問題かと…。歩行中や自転車とか運転しながらスマホいじっている人がよほど危ないと思います
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • なんでも「依存症」になる程のめり込んだら危険ですよ。ゲームだけに限った話じゃない。
    • イイネ!71
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(123件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定