ホーム > mixiニュース > トレンド > マツダ、主力SUV「CX-5」を刷新 豪華内装の上位グレード、新型ガソリンターボ、ディーゼルMT設定を追加

マツダ、主力SUV「CX-5」を刷新 豪華内装の上位グレード、新型ガソリンターボ、ディーゼルMT設定を追加

0

2018年10月12日 12:52  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真マツダの主力SUV「CX-5」(2018年11月マイナーチェンジ版)
マツダの主力SUV「CX-5」(2018年11月マイナーチェンジ版)

 マツダは10月11日、クロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)「CX-5」のマイナーチェンジ版を発表。2018年11月22日に発売します。価格は257万400円から(税別、以下同)。



【その他の画像】



 CX-5は、同社の最上位SUV「CX-8」とコンパクトSUV「CX-3」の中間に位置する車種です。今回のマイナーチェンジでは、車両運動制御技術「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」を標準装備。従来のGVCで行っていたハンドルを切った際の制御に加えて、ハンドルを戻す際の制御も追加することで、高速走行中の車線変更や滑りやすい路面での挙動を安定させています。



 パワートレインは、国内向けモデルでは初採用となる2.5リッターの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」が選択できるようになったほか、ディーゼルエンジン車には6速MT仕様も追加。ハイパワーモデルから運転する楽しさを望む層まで、より幅広いニーズに応えるラインアップとしました。



 ラインアップには、先行してマイナーチェンジを受けたCX-3と同様に最上級グレード「Exclusive Mods(エクスクルーシブモッズ)」を追加しています。Exclusive Modsは、主にインテリアの高級感を高めた上質グレードとして展開。上位車種「CX-8」に採用する高級皮革「ナッパレザー」を用いたシート、木製のデコレーションパネル、白色LEDで統一した室内照明、高輝度ダーク塗装を施した19インチアルミホイールなどを備えます。Exclusive Modsは365万400円から。また、全グレードで、インフォテインメントシステム「マツダコネクト」が新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応。スマートフォンとの連携機能も強化しました。



 このほかに、福祉車両「CX-5 助手席リフトアップシート車」も同時に発売します。今回のマイナーチェンジ版CX-5をベースに、高齢者や身体の不自由な方の乗り降りをサポートするリフトアップ機構付きの助手席を備えます。価格は291万9000円からです。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定