ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 円楽が肺がんから高座復帰

三遊亭円楽が肺がんから高座復帰「肺のリハビリに」

47

2018年10月12日 18:20  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真肺がん手術からの復帰高座をつとめた三遊亭円楽(撮影・小林千穂)
肺がん手術からの復帰高座をつとめた三遊亭円楽(撮影・小林千穂)

初期の肺がんと診断され、今月4日から11日まで入院していた落語家三遊亭円楽(68)が12日、横浜にぎわい座での「三遊亭円楽独演会」で高座復帰した。


約400席が満員になり、円楽は「短命」「浜野矩随(のりゆき)」をつとめた。


終演後、円楽は「何とかやりました。生で聞いてくださるお客さまは本物、いちばん」と感謝し「お客さまは病み上がりって知ってるから優しい。ずっと病気でいようかな」と、笑わせた。


手術が呼吸に与えた影響もあるようだが、円楽は「お客さまには分からない程度のブレスの違いはあるけどね。(今日は)心地よい眠りになるんじゃない。疲れたもん。肺のリハビリになるんじゃないかな」と話した。


今後の治療については「根治を目指して、長旅になると思うけど焦らずゆっくりやっていく」としている。


円楽は「大好きだった(5代目三遊亭)円楽、(立川)談志、(三遊亭)歌丸…みんな向こうに行っちゃったから。僕もそういう立場を目指して頑張る」と、今後への意欲を見せ、自分で運転して劇場を後にした。

このニュースに関するつぶやき

  • 桂歌丸さん三遊亭にされてしまっているのに誰も気づかない呟いている人たちのレベルがしれるな!
    • イイネ!3
    • コメント 3件
  • 三遊亭円楽「まだ来るな、ってジジイがね」
    • イイネ!30
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(33件)

あなたにおすすめ

ニュース設定