ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 「猥雑な街」五反田、オフィス街&おしゃれスポットに大変貌…有名ITベンチャー集積のワケ

「猥雑な街」五反田、オフィス街&おしゃれスポットに大変貌…有名ITベンチャー集積のワケ

0

2018年10月12日 18:52  Business Journal

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Business Journal

写真「池上線五反田高架下」の様子
「池上線五反田高架下」の様子

 ある年代以上の人にとって、東京・五反田は「夜の街」「風俗街」のイメージが強いのではないだろうか。JR五反田駅周辺には飲み屋やキャバクラが集まり、かつてはマンションの一室で営業する「SMクラブ」のメッカでもあった。


 しかし、2010年代以降、その五反田に変化が起きている。五反田駅近くを流れる目黒川周辺にIT・ウェブ関連のベンチャー企業が次々と進出し、東急池上線の高架下には、おしゃれな飲食店が立ち並ぶ新スポットも誕生した。五反田で今、何が起きているのか。


●戦前の花街と戦後の闇市が五反田のルーツ?


 まず、五反田の歴史を振り返っておこう。JR山手線が運行を開始したのは1909年。しかし、当時はまだ五反田に駅はなく、周辺は田んぼばかりでのどかな光景が広がっていたという。五反田駅が開業したのは、それから3年後の1911年のこと。品川や大崎に比べて、やや立ち遅れた場所だったのだ。


 その五反田に、なぜ夜の街のイメージが定着したのか。「原点は大正末期に五反田周辺で発見された鉱泉です」と話すのは、まち探訪家の鳴海行人氏だ。


「鉱泉の影響で温泉旅館が開業し、同時に“花街”としても発展していった歴史があります。現在の歓楽街のイメージは、花街由来のものですね」(鳴海氏)


 急激に人口が増加したのは1920年代以降のことだ。花街として栄えようとしていた矢先に関東大震災が発生し、壊滅的な打撃を受けた品川や渋谷から多くの人が五反田に流れてきた。これが“街”としての本格的なスタートとなった。


「その後、第二次世界大戦が勃発し、焼け野原になった五反田には、終戦後に大きな闇市ができます。花街が醸成した歓楽街の要素に加え、雑多で怪しげな現在の五反田のイメージは、この戦後の闇市の存在が大きく関係していると思われます」(同)


 こうした歴史を持つ街は五反田だけではない。新宿や渋谷も闇市から発展していった街で、現在もその面影が残る場所がある。それではなぜ、五反田は新宿や渋谷のようにはならなかったのだろうか。


「渋谷は都市開発が進められ、新宿にも大規模な区画整理が入ったので、いずれもターミナル駅として交通網が発達しました。一方、五反田は新宿や渋谷に比べて街としての規模が小さいため、そこまで大きな開発や区画整理が行われなかったのです」(同)


 つまり、五反田には外部の力を借りず独自に街を発展させていった経緯があるわけだ。少なくとも、「その可能性が高い」と鳴海氏は分析する。


「隣駅の大崎には工場が多くあり、そうした工場に融資するために金融機関が進出したのが五反田でした。それにともない五反田駅の利用者が増え、銀行員が接待に使う飲食店やキャバクラ、いわゆるブルーワーカーが息抜きに使う風俗店が集中するようになるのです。オフィス街であり夜の街でもある猥雑な五反田のルーツは、そこにあるのかもしれません」(同)


●ITベンチャーに人気のワケ


 その五反田で、近年起きている変化がベンチャー企業の増加だ。象徴的なのは、五反田駅西口から徒歩数分の場所に、中小企業向けのクラウド会計ソフトを開発するfreee(フリー)が進出したことだろう。ほかにも、飲食店の予約台帳・顧客台帳サービスを展開するトレタなど、数々のベンチャー企業が五反田に本社を移している。


「スタートアップのIT・ウェブ企業にとって、00年代前半まで、その中心地は六本木でした。しかし、ライブドア事件などを機に中心地が渋谷に移り、今でも起業家の間では渋谷の人気が高い。ただ、再開発の影響で渋谷の賃貸オフィスの賃料はどんどん値上がりしていて、立ち上げたばかりのスタートアップではとても手を出せないレベルになってきています。そこで、五反田が安価なオフィスを求めるスタートアップの受け皿となっているのです」(同)


 渋谷駅周辺の賃貸オフィスの平均坪単価は2〜3万円と、確かに立ち上げたばかりのベンチャー企業には高すぎる。一方、五反田駅周辺の賃貸オフィスの平均坪単価は、山手線沿線でありながら1万2000〜2万円という安さだ。


「賃貸オフィスの賃料だけでなく、周辺地域の賃貸物件の安さもポイントです。特に、スタートアップ企業で働く人たちは会社の近くに家を借りる傾向がある。その点でも、五反田は自転車通勤圏内にある賃貸物件の家賃が手頃なんです」(同)


 さらにいえば、オフィス街であり夜の街でもある多様性も、ベンチャー企業が集まってきた理由のひとつと考えられるという。保守的な丸の内界隈と違い、多様性のある土地は若い企業でも参入しやすい側面があるからだ。


 もっとも、そうした企業がずっと五反田に拠点を置き続けるとは限らない。


「五反田の賃貸オフィスは、多くの物件がスペースの狭い雑居ビルです。そのため、この街で企業規模を大きくするのは難しい。オフィスが手狭になれば、渋谷などのより広いオフィスに移転するケースも増えていくでしょう。しかも、現状では五反田に大きなビルが建つようにも思えない。今後は、企業にとって五反田で成長し、やがては巣立っていく“始まりの街”となることが予想されます」(同)


●渋谷再開発のための“実験場”?東急電鉄の思惑


 とはいえ、五反田が変わりつつあるのは間違いない。ベンチャー企業が増加すると同時に、街の風景も様変わりしつつある。今年3月には、東急池上線五反田駅から大崎広小路駅にかけての高架下に、おしゃれなテラス席がある飲食店が軒を連ねる新商業施設「池上線五反田高架下」がオープンした。


 しかし、その背景には、これまで五反田をかたちづくってきた自然発生的な変化ではなく、東急電鉄の思惑があるという。


「東急池上線は“ブランド路線”といわれる東急線のなかでもっとも影が薄く、沿線開発の優先度が低かった。そのため、大規模なテコ入れが行われずにいました。一方、東急東横線のような人気路線では郊外の武蔵小杉駅にまで開発の手が及んでいて、いわば手詰まりの状態です。そこで、今まで何もしてこなかった池上線に白羽の矢が立ったと考えられます」(同)


 さらに、渋谷駅再開発のために“実験の場”として五反田を利用している可能性もあるという。「池上線五反田高架下」に出店したテナントの売り上げや反響を見て、「渋谷に生かすヒントを探っているのかもしれない」と鳴海氏は分析する。


 確かに、醸造所が併設されたビールバーの「RIO BREWING & CO.東京醸造所」やシャワーブース併設の室内駐輪場など、「池上線五反田高架下」には個性的なテナントが軒を連ねる。まさに“実験の場”といった印象だ。


 いずれにせよ、今の五反田が訪れる価値のある街であることは事実だろう。


「実際に五反田に行っても、パッと見は大きな変化はありません。ただ、駅周辺を少し歩くと、ママチャリの横に高価なロードバイクが停めてある駐輪場があったり、池上線高架下のようなスポットの近くにファミレスや昔ながらの立ち食いそば屋があったりと、混沌とした魅力があります」(同)


 鳴海氏は、「そうした街並みに目を向けると、今しか感じられない五反田を体感できるかもしれません」と話す。猥雑で怪しげな街に起きている、大きな変化。それを目にするのは、街が“生き物”であることを実感できる、またとない機会なのかもしれない。
(文=真島加代/清談社)


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定