ホーム > mixiニュース > 海外 > 小学校教師 教え子に腎臓提供

小学校教師、6年生の教え子に腎臓を提供(米)

74

2018年08月18日 05:02  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真腎臓移植を受けた小学校6年生(画像は『Kaden’s Kidney Search 2018年4月10日付Facebook「Kaden is still in need of a living kidney donor! Please continue to share his info to others.」』のスクリーンショット)
腎臓移植を受けた小学校6年生(画像は『Kaden’s Kidney Search 2018年4月10日付Facebook「Kaden is still in need of a living kidney donor! Please continue to share his info to others.」』のスクリーンショット)
「普通の子と同じように水泳をしたい。色々なスポーツにも挑戦してみたい。毎日学校にも通いたい。そして何よりも人工透析から解放された生活を送りたい…」そんな12歳少年の悲痛な訴えに耳を傾け、救いの手を差し伸べたのは少年が通う小学校の先生だった。『PEOPLE.com』『FOX 5 Atlanta』など複数のメディアが伝えた。

米ジョージア州ポールディング郡に住むケイデン・コーブキー君(12歳)は、2歳で腎臓病と診断された。まだ幼かったケイデン君だがすぐに毎晩10時間、在宅での透析療法が始まった。

健康な人の腎臓を移植して治療する生体腎移植が必要なケイデン君は適合するドナーがなかなか見つからず、10年間も入退院を繰り返してきた。5歳の時に父親が腎臓を提供したものの拒絶反応があまりにもひどく、希望を託した腎臓は手術から5日後に取り出されてしまった。この時は家族みなが打ちのめされてしまったという。

それから6年が過ぎケイデン君は11歳になったが、週3回の透析による身体への負担は日に日に増していった。見かねたケイデン君の家族は「Kaden’s Kidney Search」というFacebookのアカウントを立ち上げて、より多くの人に腎臓の提供を呼び掛けた。それでも適合者が現れず、家族はただひたすら奇跡を信じて祈るしかなかった。

そんなケイデン君に今年5月、ドナーが見つかったという嬉しいニュースが飛び込んできた。ドナーについての情報は通常明かされることはないが、家族にはさらに嬉しいサプライズが待っていた。

学校が修了した日、コーブキー家とは付き合いが長く、パウダースプリングスにあるグレース・クリスチャン・アカデミーでケイデン君にテクノロジーを教えていたウィリアム・ウィルキンソンさんがケイデン君の家にやってきたのだった。

ウィリアムさんはケイデン君の母キャミさんに「今日は特別な理由があってやってきたのです」と興奮気味に語ると、「ケイデン君のドナーが誰か知りたい?」と唐突に質問した。キャミさんが「ええ。知りたいわ。会ってお礼を言いたいもの」と答えると、ウィリアムさんは「実はそれは私なんです」と明かしたのだ。

キャミさんは当時を振り返り「信じられませんでした。まさに命の贈り物です。これ以上の贈り物はありません」と述べ、その時は涙したという。

実はウィリアムさんの息子も2歳半で腎不全を患っており、「自分も親として同じ道を通ってきました。だから誰かになんとか助けてもらいたいという親の気持ちは痛いほどわかるのです」と語っている。

そして8月14日、ケイデン君とウィリアムさんは別々の病院で手術の朝を迎えた。ケイデン君が移植を受けたディカーブ郡ドルイドヒルズにある小児病院「チルドレンズ・ヘルスケア・オブ・アトランタ」での手術は無事終了し、キャミさんは15日、喜びと感謝の言葉をFacebookに綴った。

「ウィリアムさんもケイデンも順調に回復しています。ケイデンは少しずつですが尿の量が増え、笑顔がみられるようになりました。このままいけば数日でICUから出られると思います。あと1か月は病院で過ごし、自宅療養も続きます。まだまだこれからたくさんの困難が待ち受けているのは覚悟していますが、ケイデンは学校に行くのを楽しみにしています。」

ケイデン君は新たな一歩を踏み出したばかりだが、ウィリアムさんの腎臓で新しい人生を切り開いって欲しいものだ。ケイデン君の夢が叶うよう、拒絶反応が起こらないように願わずにはいられない。

画像は『Kaden’s Kidney Search 2018年4月10日付Facebook「Kaden is still in need of a living kidney donor! Please continue to share his info to others.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

このニュースに関するつぶやき

  • 頑張って生きて! 小学校教師、6年生の教え子に腎臓を提供(米)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 拒絶反応が起きませんように。
    • イイネ!93
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(48件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定