ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 高杉真宙 ロン毛細眉の不良に

高杉真宙がロン毛の不良に…衝撃ビジュアル!映画『ギャングース』

27

2018年02月14日 12:00  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真高杉真宙がロン毛の不良に! (C) 肥谷圭介・鈴木大介/講談社
高杉真宙がロン毛の不良に! (C) 肥谷圭介・鈴木大介/講談社

 今秋に公開される映画『ギャングース』の劇中ビジュアルが公開され、ロン毛で細眉の高杉真宙、剃り込み×モヒカンの加藤諒、眉毛なしの金髪の渡辺大知(黒猫チェルシー)という衝撃的な姿がお披露目となった。


 本作は、雑誌「モーニング」(講談社)で掲載された同名の漫画が原作。少年院で共に過ごしたサイケ、カズキ、タケオは、犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す“タタキ”稼業を始める。『SR サイタマノラッパー』『日々ロック』など、不完全で不器用な若者を描くのに定評のある入江悠がメガホンを取り、裏社会をポジティブに生き抜いていく3人の姿を映す。


 窃盗団の作戦プランを担当するロン毛で鋭い眼光のサイケ役を高杉、工具に関する秀でた見識を持つ剃り込み×モヒカン頭のカズキ役を加藤、窃盗団の車両担当で極限状態になるとキャラクターが豹変する怪力巨人のタケオ役を渡辺が務める。特に、サイケ役の高杉は、『トリガール!』『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』など過去の出演作はさわやかな役柄が多かったが、今作で汚いロン毛&細眉という驚きのイメチェン。加藤や渡辺のビジュアルも、漫画のキャラクターに合わせたインパクトあるものとなった。


 原作は、ストーリー共同制作のルポライターである鈴木大介による未成年の犯罪者への取材をもとに、裏社会の実態をリアルに描いた“超実証主義漫画”。冒頭には、毎回「この漫画は実話を基にしたフィクションです。ただし犯罪の手口はすべて実在しますので、ぜひ防犯に役立てて下さい」という注意が書かれている。(編集者・梅山富美子)


【関連情報】
【写真】加藤諒が剃り込み×モヒカン頭に!
高杉真宙、犬(ポチ)になる!実写「賭ケグルイ」で四つん這い
ジャニーズWEST小瀧望、高杉真宙にメロメロ「本当に可愛い

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 今一番好きな俳優 だってカッコいいんだもん セトウツミの眼鏡かっこ良かったです ちなみにファブリーズの人
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 兄さんにスティンガーという隠し弟がいたので更に黒くなったミッチ。
    • イイネ!15
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

ニュース設定