ホーム > mixiニュース > 地域 > コウノトリ 猟友会誤射で死ぬ

コウノトリ、猟友会の誤射で死ぬ ヒナの親鳥 島根

480

2017年05月19日 22:02  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

 島根県雲南市教育委員会は19日、同市大東町の電柱で営巣し、4月にヒナの誕生が確認されていた国の特別天然記念物コウノトリのペアのうち、雌が死んだと発表した。猟友会の会員が、駆除の期間中だったサギと誤認し、射殺したという。


 兵庫県豊岡市で生まれた5歳で、福井県で放鳥された雄(2歳)との間に生まれたヒナは、1971年に野生で姿を消して以来、豊岡市一帯以外の野外で誕生した国内2例目だった。ヒナは無事という。


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • みまちがえるかなー。かわいそうに。 人間がとりの生態を狂わせた結果にすぎないけど、ただうちたかったんじゃないかと 思ってしまうよね
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 草刈してる人をわざと誤射しそうだな 鳥の区別もつかないやつに銃もたすなよ┐(´ー`)┌
    • イイネ!307
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(305件)

ニュース設定