ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 選手村の厳しいお風呂事情

お湯が冷たくて…平昌の選手村、厳しいお風呂事情

148

2018年02月14日 21:54  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真選手村の入村式で大会公式マスコット・スホランと記念撮影をする日本選手団の斎藤泰雄団長(中央)と伊東秀仁総監督(左)=7日午後、韓国・江陵、細川卓撮影
選手村の入村式で大会公式マスコット・スホランと記念撮影をする日本選手団の斎藤泰雄団長(中央)と伊東秀仁総監督(左)=7日午後、韓国・江陵、細川卓撮影

 平昌五輪に出場していた日本の女子ジャンプチームが14日に帰国し、選手村の厳しいお風呂事情が取材の中で話題にのぼった。


 羽田空港で大勢の出迎えを受けた日本代表の4選手。その後の取材で「今、一番何がしたいか」と聞かれた伊藤有希(土屋ホーム)が、「温泉に入りたいです」と即答した。


 選手村の宿舎は、ジャンプの4人に、クロスカントリーとモーグルの選手を加えた6人部屋だったという。部屋にバスタブはあったが、肝心のお湯の出が問題だった。「(体が)温まる温度の水が出なかった。だから、まずは温泉に入りたいです」と伊藤。冬は零下30度にもなる北海道下川町育ち。寒さには慣れていても、試合で冷えきった体を温められない環境はこたえたようだ。


 岩渕香里(北野建設)も「シャワーのお湯が長続きしなくて、すぐに水になっちゃうので冷たかった」と振り返った。日本スポーツ振興センター(JSC)が設置する選手支援施設「ハイパフォーマンス・サポートセンター」の浴槽につかってしのいでいたことを明かし、「みんながお湯を使う時間は、足りなくなっちゃうのかな」と苦笑いしていた。(波戸健一)


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • もうさぁ、韓国の嫌がらせとしか思えないよね。競技以外にもこういう仕打ちってさぁ(-_-;)
    • イイネ!6
    • コメント 3件
  • 冷たいお湯はお湯とは言いません。選手があまりにかわいそう。体調崩したら誰が責任とるんだ?今回の五輪はあまりにもお粗末すぎる。韓国は謝罪すべき。
    • イイネ!105
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(111件)

ニュース設定