ホーム > mixiニュース > コラム > 生活厳しい 低賃金悩む会社員

「店長なのに年収250万円」「家族を養えなくて退職した」 低賃金に悩む会社員の声

661

2018年05月04日 08:11  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

仕事のモチベーションを左右する給料。高い報酬をもらえると生活にハリが出るが、毎日忙しく働いているのに少ない給料だと、やる気を削がれてしまう。

近年は雇用環境が着実に改善され始め、有効求人倍率はバブル期さえ上回る高水準となっているが、給料は相変わらず厳しい人が多い。企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた声を紹介しよう。【調査ワード キャリコネ「給料 低い」】

「結婚できない」「実家暮らしでないと生活はきつい」

「給料は基本的に役職につかないと上がらない。最近定期昇給を始めたが月1000円」(医療福祉関連 30代前半男性 正社員 年収300万円)
「給料は役席にならないと上がらない制度。20代は実家暮らしでないと生活はきつい」(ルートセールス 20代後半男性 正社員 年収380万円)
「給料が低く家族を養えないため退職した」(店長 20代後半男性 正社員 年収250万円)

給料の低さに不満を持つ口コミが多く、中には、生活ができず退職したケースも見られた。仕事のモチベーション云々の前に、「仕事をしているのに生活が成り立たない」という異常事態が起きているようだ。

一人暮らしや結婚が難しい可能性もあり、将来設計にもかかわってくる。昇給が微々たる額で給料がなかなか上がらないという声も。生活が困難なほど給与が低い場合は、潔く転職を考えるのも手だろう。

基本給の低さがボーナスに影響、転職の際に気を付けるべきことは?

「給料に固定残業代が含まれているので、実際の基本給はそんなに高くない」(ゲーム関連職 20代後半男性 正社員 年収380万円)
「残業手当がないと生活が厳しい基本給の低さです。手当を多くしているため、ボーナスが月給の〇〇倍分ではなく、基本給の〇〇倍というカラクリで、かなり低くなります」(プログラマー 30代前半男性 正社員 年収400万円)
「基本給が低いため、生活残業をしなくてはやっていけないという風潮があったせいか、残業と休日出勤は多めだった」(建設・設備関連職 20代後半男性 正社員 年収350万円)

基本給が低いと残業を増やさない限り手取りが増えず、ボーナスも低くなってしまう。最近では「働き方改革」により残業の削減や業務の効率化が叫ばれているが、残業代で給与の底上げを図っている人たちにとっては、「残業代カット改革」になりかねない。

就職や転職の際には、基本給や残業代、ボーナスなどの金額を事前に調べておくことが重要だ。企業側も、優秀な人材を流出させたくなければ、社員をきちんと評価し適切な対価を与えるべきだろう。【調査ワード キャリコネ「給料 低い」】

 

このニュースに関するつぶやき

  • 副業やるか自分で立ち上げ売上がよくなきゃ������ これて賭けになる���ޤ���
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 年収380万で実家ぐらしじゃないときついって奴は金の使い方見直したら?
    • イイネ!346
    • コメント 19件

つぶやき一覧へ(430件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定