ホーム > mixiニュース > コラム > 化粧品アイテムごとの消費期限

意外と短い!マスカラ、チーク、口紅の「消費期限」は◯ヶ月

417

2017年08月16日 20:31  Life & Aging Report

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Life & Aging Report

写真30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR
30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

美容好きなら、シーズンごとに発売されるコスメの新商品が気になりますよね。ついつい増えてしまうコスメやスキンケアアイテムたち。使い切れないまま、ドレッサーに置きっぱなしになっているものはありませんか?

実は、化粧品にも消費期限があるのをご存知でしょうか。思いがけないトラブルでお肌がダメージを受けないためにも、化粧品の消費期限の目安を知っておいた方がよいでしょう。美容ライター・コスメコンシェルジュの筆者が、化粧品の消費期限をアイテムごとにご紹介します

■化粧品の安全性と消費期限

スキンケアアイテムを安全に使用するための消費期限は、適切な環境下で未開封3年、開封後1年以内です。意外と短いと思いませんか? もちろん、成分や成分方法によっても異なります。スペシャルケアを除いて、毎日使用すれば2か月程度で消費してしまうものがほとんどです。あまり使用しないもので、開封して1年を過ぎて残ってしまっていたら、もったいないとは考えずに処分した方がよいでしょう。フレグランスも同様です。また化粧品は、光や温度の変化に弱いため高温や直射日光を避けて保管する必要があります。大切なお肌を守るために、洗面台やドレッサーをもう一度見直してみることをおすすめします。

■アイライナー・マスカラの消費期限

メイクアイテムは、スキンケアアイテムよりも、消費期限が短いものがほとんどですが、なかでもマスカラやアイライナーは揮発性ですので、3か月以内に使い切るようにしましょう。開封の時期がわからない場合は、液にツヤがなくなってきたり、マスカラブラシにカスがついてきたら替え時です。安全性はもとより、期限を過ぎたコスメでメイクをしてもきれいな仕上がりは期待できないので、そういった観点からも注意が必要なのです。

■アイカラー・チーク

なかなか使いきれないのが、アイカラーやチーク。とくにパレットは使わないカラーが1つでもあると、いつまでも捨てられないでいるという方も多いようですが、開封後1年を過ぎたものは、思い切って処分することをおすすめします。また、付属のブラシも3か月に一度は洗浄するようにしましょう

■リキッドファンデーション・下地

できるだけシーズン内に使い切るとよいでしょう。6か月以内が消費期限の目安です。春夏ファンデーションを春先に購入したら、秋には秋冬ファンデーションに切り替えればOKです。

■口紅・グロス

口紅やグロスの寿命の目安も6か月以内と短いので、お気に入りコスメはもったいないと思わずどんどん使用した方がいいかもしれませんね。口紅の表面やグロスのチップはティッシュでオフすると菌の繁殖が防ぎやすくなります。

いつ開封したかわからなくなった場合は、分離していないか、すっぱい匂いがしないか、変色していないかといったポイントで見極めましょう。きれいになるための化粧品です。使用することが逆効果になってしまわないように、消費期限を今一度見直してみてはいかがでしょうか。(美容ライター/コスメコンシェルジュ 斎藤 明子)

動画・画像が表示されない場合はこちら

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • アイライナーとマスカラ、3ヵ月以上使ってるよー�������� チークは……。もぅ、自分の女子力のなさが悲しすぎる
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ◆全体的にもう少し小さいパッケージにして欲しい。コンビニで売ってるお試しサイズくらいじゃないとほんと使いきれん。小さくして値段をもうちょい下げてくれんかなぁ
    • イイネ!332
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(113件)

ニュース設定