ホーム > mixiニュース > 地域 > 座間9遺体「10人目」防いだ兄

妹への思い「10人目」防ぐ=被害者兄が情報、男誘い出す−アパート9遺体・警視庁

264

2017年11月20日 07:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真白石隆浩容疑者を誘い出したJR町田駅周辺。捜査員が自宅まで追跡し、室内から複数の遺体を発見した=19日午後、東京都町田市
白石隆浩容疑者を誘い出したJR町田駅周辺。捜査員が自宅まで追跡し、室内から複数の遺体を発見した=19日午後、東京都町田市
 神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件は、行方不明になった東京都八王子市の女性(23)を心配した兄が協力者を見つけ出し、警視庁に情報提供したことが事件発覚につながった。白石隆浩容疑者(27)=死体遺棄容疑で逮捕=宅には次の殺人のためとみられる道具もあり、兄の機転がなければ10人目の犠牲者が出ていた可能性もあった。

 捜査関係者によると、女性は10月21日以降、行方が分からなくなった。心配した兄が女性宅のパソコン履歴を調べたところ、ツイッターで知り合った男と自殺するとほのめかす記述があった。

 兄は同月24日、高尾署に行方不明者届を出した。同署などが最寄り駅から1駅ずつ防犯カメラを確かめた結果、女性は同23日午後、男とJR八王子駅で電車に乗り、現場アパート近くの小田急小田原線相武台前駅で降りたことが分かったが、足取りはそこで途切れた。

 兄は女性のツイッターアカウントを使い、不明になった経緯を明らかにして情報提供を呼び掛けた。間もなく、別の女性から「私と状況が似ている」と連絡が来た。

 兄から情報提供を受けた高尾署は、この女性に男を呼び出すよう依頼した。面識のあった女性は同30日、JR町田駅に現れた男を確認。「行けなくなった」とメールしてもらい、帰宅する男を捜査員が尾行した。

 捜査員は男が座間市のアパート2階の部屋に入るのを確認し、接触を試みた。素直に応対する男。しかし、室内に不明女性の姿はない。捜査員が居場所を尋ねると「知らない」ととぼけたが、問い詰めると「ここに」と玄関に置かれたクーラーボックスを指さした。

 中を確認すると、切断された2人分の頭部が見えた。急いで本部に連絡。応援の到着を待つ間、男は「9人分ある。全員自分が殺した」と話した。これが白石容疑者だった。室内からは、殺害に使ったとみられるロープのほか、新品も一つ見つかった。遺体を入れた箱にはまだ空きがあった。

 捜査幹部は「令状がないから、ドアを閉められたらどうしようもなかった。偶然が重なり、容疑者にたどり着いた」と振り返った。 

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 警察はこのお兄さんを表彰するべきだと思う。彼の行動がなかったら逮捕できなかった。本当勇気あるし警視庁も協力的。神奈川県警、おめーは駄目だ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 確たるものがなくても動いてくれた高尾署も流石です。 怠慢的な署だったらもっと証拠が無いと動けないとか言って放置してたはず
    • イイネ!669
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(143件)

ニュース設定