ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 雪が降ると発電するデバイスをUCLAが開発。ソーラーパネルにも統合可能 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • みぞれのときは? 雨だって帯電してるんだけど、そっちでも発電できれば季節や地域関係なくなるとおもうけど、安定性が無いから蓄電池等も必要になるとおもう
    • 2019年04月22日 16:40
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 太陽光パネルの設置投資って有名で、元ヒューザーの小嶋さんもやってるって聞きましたが、これで更に加速するのかしら?
    • 2019年04月22日 16:02
    • イイネ!0
    • コメント0
  • がっつり積もったらどうなるのかね。 シリコンは何年もつんだろうね。
    • 2019年04月22日 12:36
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 冬、地球の約30%は雪で覆われる>半世紀以上生きてるが地球規模で冬になった記憶はないなあ。
    • 2019年04月22日 07:35
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 発電容量についても一切触れられていないし、原理の説明にしても【摩擦帯電型ナノ発電機】という言葉の使い方にしても、よくわかっていない人が書いたのではないかと思うような内容ですね。
    • 2019年04月21日 23:10
    • イイネ!2
    • コメント0
  • どれだけの発電量があるのかソコが問題。太陽光パネル並みの発電量は期待できないだろうから せめてパネル表面に積もった雪を融解させ滑り落とせる程度の自動除雪機能が働くなら及第点だろう
    • 2019年04月21日 18:55
    • イイネ!1
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定