ホーム > mixiニュース > コラム > もりそばとざるそば、違いは? > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 信州の蕎麦を初めて食べたとき…東京の蕎麦はどれも不味かったんだってことを思い知らされた。いまは信州の蕎麦でも店によって雲泥の差があることも理解した。当然といえば当然だわな。
    • 2019年12月31日 14:32
    • イイネ!0
    • コメント0
  • だらだら長い記事!
    • 2019年12月16日 09:39
    • イイネ!7
    • コメント3
  • もりそば6枚とか注文していた頃が懐かしい…もりは上にきざみのりがかかって居なくて、ざるは乗っているんだと思っていました…今じゃ大盛り一枚で十分<m(__)m>
    • 2019年12月07日 18:19
    • イイネ!1
    • コメント0
  • もりは蕎麦だけを多く楽しみたいときに頼む! ザルは天ぷらなどと一緒に楽しむ時に頼む!
    • 2019年12月05日 21:52
    • イイネ!0
    • コメント0
  • やっぱり蕎麦は旨い。特に山形の「板蕎麦」は最高だw。更に蕎麦湯������ʬ�ʲ�����シメなら、もう言う事無し��(��)🥒�������ꥹ�ޥ�������������ʬ�ʲ�����
    • 2019年12月04日 08:00
    • イイネ!12
    • コメント0
  • 縄文時代から蕎麦(そば)や他の雑穀も米(稲)も栽培されていた証拠は土器に付着した種子から判明している。未だに狩猟採集生活だけと主張したり、稲作は外来と教示する先生がいるが、弥生時代の起源も紀元前数百年も長い。
    • 2019年12月04日 07:53
    • イイネ!7
    • コメント0
  • ☆ 西日本在住だと、「もりそば」は全く聞かんのよなぁ…あれか?此方では蕎麦と認識されない白い蕎麦の冷やし? やっぱ蕎麦は黒くないと。皮ごと挽かんと。
    • 2019年12月04日 07:05
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 俺も海苔の有無だけだってぇ聞かされた記憶が… 以上! ま〜た眠れないZE!と言いたい馬神ヨリ。
    • 2019年12月04日 00:53
    • イイネ!0
    • コメント0
  • ゆでて洗ってざるに取ったのがざる蕎麦、せいろに盛って蒸したのが盛り蕎麦。江戸っ子がそのうち面倒くさくなって同じ調理、同じ盛り付けにしやがったんで違いを出すために片方に海苔かけたって寸法よ(てきとう)(´・ω・)
    • 2019年12月04日 00:46
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 俺は詳しいんだ、ツルッといくのがざるそばでズズッといくのがもりそば…ホントは出汁の一番二番の違い。あと件のモリカケはカケが実はセイロだったから文字通り『一枚』上手だっただけの話なんだぜ…お粗末。
    • 2019年12月03日 23:15
    • イイネ!10
    • コメント1
  • もりじゃないほうがざる、ざるじゃないほうがもり。
    • 2019年12月03日 22:13
    • イイネ!2
    • コメント1
  • もりは通。ざるは一般。熱もりは変態。
    • 2019年12月03日 20:50
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 【諸説ある】というものの1つを断定的に紹介するのもどうかと思いますし、【完璧に説明できたらスゴイかも】というタイトルで【完璧に説明する答え】が書かれていないのもどうなのでしょうね。Wikipediaにも劣るレベル。
    • 2019年12月03日 20:26
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 天ざるはきくけど、、天もりも無くはないらしい。…天もりを頼むと、天ぷらの盛り合わせが出てきそう( ^∀^)���ӥե饤
    • 2019年12月03日 20:10
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 花巻って出してる店少ないよね
    • 2019年12月03日 20:03
    • イイネ!2
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定