• このエントリーをはてなブックマークに追加

「5人目のビートルズ」が死去

632

2016年03月09日 16:30 ねとらぼ

  • 御冥福を祈ります���ꤤ
    • 2016年03月09日 22:58
    • イイネ!10
    • コメント1
  • だから今日無性に青盤を聴いてしまったのはこの知らせのせいだったのか(ノД`)ビートルズって5人目を集めたらEXILEみたいになるけど(ぇ でもやっぱこの人だよなぁ、5人目は。合掌。
    • 2016年03月09日 17:21
    • イイネ!9
    • コメント0
  • ジョージ・マーティンが…。「Let It Be」のヴァージョンを聴き比べれば、彼が他の誰よりも「ビートルズサウンドとは何か」を理解していたことがよくわかる。「In My Life」のバロックピアノが大好きです。ありがとう、どうぞ安らかに。
    • 2016年03月09日 17:04
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 音楽プロデュースの事なんて何もわからないけど、この人は偉大なプロデューサーだと素人ながら思います。4人の希有な才能も、ジョージ・マーティンがいたからこそあれだけの「形」になったんでしょう。文句無く格好いい方。
    • 2016年03月09日 17:02
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 「5人目のThe Beatles」、最初はファンを指していると思っていましたが、彼等の経歴を知ると意味がわかりました。影で支えていた彼の功績を讃えます.
    • 2016年03月09日 18:49
    • イイネ!8
    • コメント3
  • 独特のユーモアとセンスを持つ業界のアウトサイダー。メンバーのアイディアをスタジオで具現化しビートルズをビートルズたらしめた正真正銘の音楽家でプロデューサー。安らかに。
    • 2016年03月09日 17:55
    • イイネ!8
    • コメント2
  • 山田隆夫さんにはずっと元気で頑張ってほしい。
    • 2016年03月09日 22:58
    • イイネ!7
    • コメント7
  • 『ビートルズ』というロックバンドを芸術の域に引き上げたのは彼の功績なんだろうな。
    • 2016年03月09日 19:09
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 御冥福をお祈りします。
    • 2016年03月09日 18:18
    • イイネ!7
    • コメント0
  • ビートルズだけではなく、ジェフベックのブロウバイブロウもプロデュースした方。あの名盤はジョージマーティンなしでは考えられない。ラストのダイヤモンドヘッドのオーケストラは絶対ジョージの仕事です。残念で仕方ありません。
    • 2016年03月09日 22:46
    • イイネ!6
    • コメント4
  • 真っ先に、脳内にスタックリッジが流れた。90歳とは大往生ですね。安らかに。
    • 2016年03月09日 21:53
    • イイネ!6
    • コメント2
  • 残念ですが、90歳なら大往生ですね。 ご冥福をお祈りします。
    • 2016年03月09日 20:51
    • イイネ!6
    • コメント2
  • 俺の中では彼こそが5人目のビートルズだとしてる。彼の音楽センスと融合して素晴らしい曲がたくさんできた。クラシック要素やバロック調のピアノが入ってるイエスタディやインマイライフなど彼の代表曲と言っていいだろう。ご冥福を・・・
    • 2016年03月09日 17:41
    • イイネ!6
    • コメント0
  • ビートルズを見出し、成長させてくれてありがとう!!ご冥福をお祈り致します。
    • 2016年03月09日 19:48
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 「五人目のビートルズ」は何人かいるけど商業的には勿論ブライアン・エプスタイン、そして音楽的にはこの人だよね。もしビートルズが先にデッカに受かってこの人と出会わなかったらどうなってたかねぇ。歴史にifは禁物だけど妄想だけなら。
    • 2016年03月09日 19:34
    • イイネ!5
    • コメント2

関連ワード

ニュース設定