ホーム > mixiニュース > 海外 > ドイツで潰えたグリーン電力の夢 > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 技術的にも、何もかも、これからだ。課題は多い。ただし、方向は正解なのだから、知恵を結集するべきだろう。
    • 2018年10月20日 13:52
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 20世紀前半にドイツで結成されたオカルト結社のヴリル協会の研究していた…ヴリルが実用化すればエネルギー問題が解決すると妄想中。
    • 2018年10月19日 20:36
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 工業国が不安定電源だけで全て賄うなんて最初から無理。一部だけですらこの有様。環境の整ってるドイツでこれ、まして日本じゃな……
    • 2018年10月20日 12:57
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 再生可能エネルギーの可能性は追求し続けないといけない。今はまだブレイクスルーが来てないだけだ。
    • 2018年10月20日 08:37
    • イイネ!2
    • コメント0
  • もくろみ通りに行く計画はないね
    • 2018年10月19日 18:13
    • イイネ!2
    • コメント0
  • エネルギー政策には理想化した観念がつきまといやすい。環境に優しいはずのグリーン・エネルギーは不安定で関係周辺設備の設置および管理や運用のコストは実は大きい。妄想のような理想は、当然の破綻する。
    • 2018年10月20日 14:49
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 九電だけの問題ではなく結局脱原発派=温暖化主犯 遺伝子を気にする脱原発派はナチスと変わるところのない優生思想 脱原発派=買春夫
    • 2018年10月20日 14:37
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 問題は他国で理想と現実のギャップが起きている事を隠して「他国揚げ」をして政策のマネをさせようとする日本のメディア。
    • 2018年10月20日 14:05
    • イイネ!1
    • コメント0
  • ������
    • 2018年10月20日 13:39
    • イイネ!1
    • コメント0
  • ドイツは、国内産の褐炭は(超々臨界ではあるものの)汽水火力しかない、石炭ガス化複合発電は(開発失敗し)断念しているが……【安い石炭】を使って脱原発している http://ieei.or.jp/2018/08/takeuchi180824/
    • 2018年10月20日 20:00
    • イイネ!0
    • コメント2
  • ドイツ同様に北海道も?https://jp.rbth.com/business/2017/06/19/785635 東京まで?https://courrier.jp/news/archives/82114/ で逆らうと https://diamond.jp/articles/-/5825
    • 2018年10月20日 19:47
    • イイネ!0
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定