• このエントリーをはてなブックマークに追加

被爆2世の援護法適用求め30年

72

2020年08月10日 07:30 時事通信社

  • 不当解雇と問題をごちゃごちゃにしてる気が。訴える側が癌と遺伝の因果関係を証明出来ないなら言うだけ無駄よね。
    • 2020年08月10日 08:41
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 「大統領トルーマンと国務長官バーンズの二人は,戦争を早く終わらせるために原爆を投下したのではない」「原爆を投下するまで故意に戦争を終わらせなかった」(「諸君」2007.1)
    • 2020年08月10日 12:35
    • イイネ!8
    • コメント1
  • 放射線で遺伝子がたくさん壊されれば様々な影響があり、場合によっては、それが子孫に引き継がれる。当然のことだ。進化も劣化も同じようなもの。
    • 2020年08月10日 09:44
    • イイネ!8
    • コメント3
  • 環境省の見解(Webページ)ではヒトでは被ばくの影響が遺伝することは確認されていません。原爆被爆者二世の健康影響調査でも、影響は認められていませんとあるねǭ��������
    • 2020年08月10日 08:56
    • イイネ!8
    • コメント1
  • 30年やっても勝てない活動なんて、コロナで支給される10万円よりも価値がない…「その程度」のものに過ぎないと言う事なんでしょ…多分…。
    • 2020年08月10日 08:21
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 『バーンズ回答』(昭和20年8月11日の回答)「大統領トルーマンと国務長官バーンズは天皇の地位保全条項を削ってしまい,十八日あとにこれを復活させた」(鳥居民「諸君!」2007.1)
    • 2020年08月10日 12:28
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 『「天皇の…権限は連合国最高司令官に従属する」とした八月十一日のいわゆる「バーンズ回答」』は婉曲に天皇の地位保全、國體護持を約束した条件だ。(鳥居民「諸君!」2007.1)
    • 2020年08月10日 12:26
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 新しい利権を作るつもり?手当が支給されたら党員費用として結構な金額を吸い上げるかな。新聞の売上落ちてるからね。赤い方。
    • 2020年08月10日 10:25
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 因果関係が認められないのなら、いつまでもごねるべきではない。キリがない。▼放射線の影響、消えぬ不安=被爆2世、就職差別も―援護法適用求め30年・崎山さん (時事通信社 - 08月10日 07:30)
    • 2020年08月10日 08:49
    • イイネ!7
    • コメント0
  • かわいそう
    • 2020年08月10日 13:23
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 『バーンズ回答」』(国務長官、昭和20年8月11日)「(前略)天皇条項の早急な復活は中国に駐留する日本軍を降伏させるために絶対に不可欠だった(後略)」(鳥居民「諸君!」2007.1)
    • 2020年08月10日 12:31
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 「被爆2世と分かって仕事を辞めさせられた」→それは国じゃなくて、その企業を不当解雇で訴えるべきでは?なんで国が保証しないといけないの??
    • 2020年08月10日 10:27
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 違うだろ。そいつらには、ちょっと嫌なことがあるとウルサイ団体が会社に文句を言うてくるから採用されねんだよ https://mixi.at/ad4aE7f
    • 2020年08月10日 09:21
    • イイネ!6
    • コメント0
  • いつまでギャーギャー言っとんねんwww
    • 2020年08月10日 15:11
    • イイネ!5
    • コメント2
  • 一旦認めると三世、四世…百世と集るからね。区切りは必要です。所詮、左さんの差別ビジネスですから相手にするだけ無駄。本当の被害者が救われません。
    • 2020年08月10日 15:54
    • イイネ!3
    • コメント0
ニュース設定