• このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/10/19 15:09 配信のニュース

353

2020年10月19日 15:09

  • これは契約形態に拠るな。実際は「趣味レベルの人」を使いやすくする判決だ。劇団としては「自由参加」を契約に明記すれば無給で良くなる。「出たいなら趣味として参加しろ」で良い訳だよね。 https://mixi.at/agrDIDU
    • 2020年10月19日 16:54
    • イイネ!19
    • コメント0
  • 劇団運営側が費用を融通し、客から金を取らずに公演しているのなら「労働ではない」と言えると思うけどね。カネとって公演してるんだろ。従事者が労働していないなら「そのカネは誰が得るのか」って話だし。
    • 2020年10月20日 06:50
    • イイネ!18
    • コメント0
  • これは正しい判決。 https://mixi.at/agrDIDU
    • 2020年10月19日 22:23
    • イイネ!18
    • コメント0
  • じゃあやるなよ。誰も困らんだろ。劇団とか音楽は遊び扱いでいい。普通の仕事しながらタダでやるのを大前提にして、売り上げが出たら分けるだけ、売れなきゃタダか赤字で文句言わない。にしなよ。 https://mixi.at/agrDIDU
    • 2020年10月19日 15:35
    • イイネ!18
    • コメント4
  • 最近、よくわからない、裁判やら判決が多いな https://mixi.at/agrDIDU
    • 2020年10月19日 16:06
    • イイネ!15
    • コメント4
  • 夢を餌に営業する団体は新興宗教だと個人的には思ってる
    • 2020年10月19日 16:00
    • イイネ!14
    • コメント0
  • 批判もあるかもしれませんが裁判は、やったら良いと思う。判例として記録を残しておけば、それは未来永劫残りますから。
    • 2020年10月19日 15:40
    • イイネ!14
    • コメント1
  • あーあ、これで弱小劇団潰れたら夢を見て頑張ってる役者見習いの将来が無くなるね。 儲かってる劇団なら良いんだけどねえ・・・
    • 2020年10月19日 21:38
    • イイネ!13
    • コメント6
  • 確かに労働と言ってもいいが、だったらやめればいいだけじゃないか?無理矢理ひき止められたのならまだしも、その条件を承知でやっていたんだろ。
    • 2020年10月19日 15:57
    • イイネ!13
    • コメント2
  • 本来、芸事は暇を持て余した才人が興じるもので、才なき者が苦労を重ねて働くものではないんだけどね。サラリーで暮らしたいなら芸なぞ辞めた方が良いよ。
    • 2020年10月19日 21:41
    • イイネ!11
    • コメント2
  • そりゃそうだ…演出するサイドは、自分の自尊心さえ満たされたら、それで他者の人権はどうでもいい…なんて戦時中の思考だよね。少なくとも、そういうアホな制作者は滅亡寸前やと思うけれども。
    • 2020年10月19日 17:44
    • イイネ!11
    • コメント8
  • 微妙な判決だなぁ。「この程度ならまあまあw」と某オリゼがほくそ笑む顔が見える…
    • 2020年10月19日 17:26
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 何というか成功したら自分の実力、失敗したら人のせいというメンタルを感じる。興行収入に対して賃金が不当というなら分かるけど安定を求めて入る世界ではないのでは。
    • 2020年10月19日 17:00
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 演劇は食えないというのが常識で、食える演劇を目指すと商業演劇に魂売ったと言われる時代もあったりした。だが産業として成り立たなければ「保存会」でも作って補助金ねだるより仕方がない。それ違うだろ?
    • 2020年10月19日 15:54
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 拘束すれば、何かしらの対価は明らかにしないと、力関係で押しきられてしまうからね、劇団が拘束していたのは事実だし、その対価を相手に明示し納得した証を示さないといけない。
    • 2020年10月19日 15:49
    • イイネ!11
    • コメント0
ニュース設定