• このエントリーをはてなブックマークに追加

2021/04/17 16:09 配信のニュース

158

2021年04月17日 16:09

  • 佳い話し(>_<;)
    • 2021年04月17日 16:53
    • イイネ!12
    • コメント0
  • 「コロナ患者は偏見の中に生きている。人々が近づかず、孤立し、ハグも握手もしてもらえない」←それは必要な対策だろうがwwww偏見じゃねえよwwww
    • 2021年04月17日 16:16
    • イイネ!12
    • コメント0
  • やわらかくて、温かいものを、心が冷えてしまった時は、求めるものだから、これは心理的サポートとして良いアイディアだと思う。
    • 2021年04月17日 17:50
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 手のひらにはたくさんの神経走ってるし、握ってやると患者さんはそれだけで大きな生きる気力に繋がるよね!これは馬鹿にできない…
    • 2021年04月17日 22:50
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 怪しい宗教かと思ったら、こう言う心遣いは良いですね。
    • 2021年04月17日 17:39
    • イイネ!10
    • コメント2
  • 握った手はなによりも温かいよ。優しい言葉より…ね。
    • 2021年04月17日 17:32
    • イイネ!8
    • コメント0
  • これは素晴らしい。コロナの現場に関わらず、他の場面でも役に立ちそう。商品化してもいいかも。
    • 2021年04月17日 21:26
    • イイネ!7
    • コメント0
  • ネ申の手といえば、ゴッドハンド藤村新一さんを思い出しますわね^^ 南極で使われたと言われている温水循環式等身大人体模型みたいに、人肌にあったまるのね。 俺様もTENGAをあっためたいですぅ。
    • 2021年04月17日 17:14
    • イイネ!7
    • コメント1
  • ああ、これはわかるわ。介護とかでも使えそうだわ。
    • 2021年04月18日 13:14
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 優しいね�ۤäȤ�����
    • 2021年04月18日 00:11
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 神というより人同士の心配りや優しさかな。体温や触り心地といったものも心という見えないものも、響いたり滲みたりして救われることもある。こういう事を馬鹿にしたり嗤う人間にはなりたくないな。
    • 2021年04月17日 20:52
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 昔から「手当」といわてる由来は患部に手を当てるとことで温める・スキンシップによるリラックス感で症状緩和・・・「いたいのいたいの飛んでけ〜」とか精神的なのはある なんでブラジル発なの?
    • 2021年04月17日 20:51
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 崇教真光かwww
    • 2021年04月17日 17:18
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 最初何だろうと思ったけど、これを考えた人は優しい人なんだな〜��(��)心が温かくなる��(��)
    • 2021年04月18日 07:59
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 神の見えざる手は経済の話だったが、こちらは医療の話�׷�
    • 2021年04月17日 20:45
    • イイネ!5
    • コメント4

前日のランキングへ

ニュース設定