• このエントリーをはてなブックマークに追加

妻を守れなかった、御嶽山噴火

119

2021年09月26日 20:36 毎日新聞

  • 目の前で、自分の手の中で逝ったとあらば 誰だって念が残る。 その心中や如何ばかりか。 第三者では計り知れないのだろうが、その言葉に胸が詰まる思いだ。
    • 2021年09月26日 22:34
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 家族で松本城に行った日だったのでよく覚えてる。帰るとき、駅前で号外を配っていたのよね。そのときはまさか犠牲者がこんなに出るとは思わなかった。
    • 2021年09月26日 22:26
    • イイネ!8
    • コメント0
  • お辛いでしょうね��想い出を胸に前向きにm(__)m
    • 2021年09月26日 23:41
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 地球の活動を考えると、1年も10年も100年も1000年も1万年も、たいした違いはない。火山はいつ噴火するか分からないし、噴火に巻き込まれたのはアンラッキーとしか言いようがない。
    • 2021年09月26日 22:35
    • イイネ!7
    • コメント0
  • あの日は忘れない 旅で御嶽ちゃん近くを通りそうな時はいつも折り鶴5羽持参して慰霊碑に手を合わせてる 犠牲者のみなさんとは身内でもなく他人だけど山も人も大好きだからそうしたくなるんだ
    • 2021年09月26日 22:45
    • イイネ!6
    • コメント0
  • よくもう一度登る気になるなぁ。俺なら二度と、と言うか最初から登る気ないか
    • 2021年09月26日 21:20
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 美談にしているが、そもそも山なんて本来は死ぬ覚悟で挑む物。科学技術を過信して自然を侮った愚者に対する報いでしかない。その事実を無視して戒めとせずに悲劇性だけを話題にしてはならない。
    • 2021年09月27日 07:24
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 国の仕事は、国民の意思や自由を尊重することなのに、国民が「迷惑だからやめろ」と足を引っ張り合うようでは・・・。衰退の原因が政治だとしても、その方向性を決めているのは国民自身です。
    • 2021年09月26日 22:28
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 突然の噴火で亡くなられた方が気の毒でならないと共に、救助に向かう自衛隊の隊員さんが、二次災害に巻き込まれやしないかと気が気でなかったのを憶えている。
    • 2021年09月27日 18:05
    • イイネ!4
    • コメント1
  • 気持ちは分かるが、まだ規制されている危険地帯に行きたがるってのはどうなんだ?万が一また噴火起きて死んだら警察や消防、行政の責任にされるかもしれないんだぞ
    • 2021年09月26日 22:42
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 山に登る意味が分からん。登らなければ死ななかったんでしょ?
    • 2021年09月26日 22:21
    • イイネ!4
    • コメント1
  • 奥さん亡くされた知人がいる。よく笑いよく笑わせよくモテてよく遊ぶ人なんだけど、心の傷が大きいのか10年以上経った今も再婚してない。この記事の人の様な異常事態で亡くされたら尚更だろう。
    • 2021年09月26日 21:54
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 自然災害を軽視し過ぎだ。 https://mixi.at/aeWKV1d
    • 2021年09月26日 21:43
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 休火山がいつ再噴火するかは分からないが、噴火時間が深夜なら死者は出なかっただろうな。日本の山は、死火山に見える長期休火山も多い。何百年も噴火がなければ普通に登っているので運にはなる。
    • 2021年09月27日 12:24
    • イイネ!3
    • コメント2
  • まだ危険だから仕方ないし、予定した人数より減ってたのも当日になって現場を見るのが辛くなった人も居るのだと思う…麓から手を合わせれば充分では。
    • 2021年09月27日 07:36
    • イイネ!3
    • コメント1
ニュース設定