• このエントリーをはてなブックマークに追加

強制不妊拒否の親に侮蔑の言葉

148

2018年03月22日 07:23 毎日新聞

  • 人権侵害をなんとも思わない連中だね
    • 2018年03月22日 09:44
    • イイネ!7
    • コメント0
  • これ手術させたらさせた人数だけ役所や県に金が入るみたいな仕組みでもあったの?役所が何の特にもならずにしつこく申請強要させるとは思えないんだが。子供守ろうとする親もいてよかったよ。
    • 2018年03月22日 10:24
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 慰安婦で飯が食えなくなったので市場開拓しただけのように見える。問題なのは当時の貧弱な社会保障制度と所得水準を無視して、現在の社会環境で過去を評価すること。右も「ひだり」も歴史修正主義は酷い。
    • 2018年03月22日 09:32
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 戦前ならともかく、1970年代にそんなことがあったとは、信じられない。
    • 2018年03月22日 09:05
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 不妊手術が必ずしも良いものではないという先入観だと
    • 2018年03月22日 07:42
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 不妊手術自体は良い事だと思う。望まれずに産まれてしまう不幸な子を無くす為に必要。切除する事で癌や筋腫などの病気の発症も無くなる。問題は「丁寧に説明していない事」かな。
    • 2018年03月22日 11:24
    • イイネ!5
    • コメント0
  • “強制”であった事は問題だけど、それに「理由付け」「言い訳」を得て、従うことで罪悪感を回避できた親御さんもあったんじゃないかな、とも…。拒否に対し「無知」「盲愛」とか、それには憤り感じる。
    • 2018年03月22日 09:37
    • イイネ!5
    • コメント9
  • …「無知」「盲愛」のどこが侮蔑なのか理解出来ない…知らない事があるのは恥ではないし、何があっても愛する事は悪くない。
    • 2018年03月22日 08:58
    • イイネ!5
    • コメント5
  • 現代では自発的な優生思想や性選択が内在化されややすく表面化しないが、知能や責任、虐待、犯罪で「子供を持つ資格がない・親になるべきでない」の発想は根深く、出生前診断・自己客観評価も増大した。
    • 2018年03月22日 12:49
    • イイネ!4
    • コメント2
  • 差別主義者の擁護常套句「トウジハー」、倫理的におかしい物を強制までしてるんだから当時もクソもない、法の遡及不可の原則を字面だけで意味を理解してないバカが解釈するとトウジハーとなる
    • 2018年03月22日 11:28
    • イイネ!4
    • コメント0
  • これも難しい話っすなぁ。では実際、親として養育できるのか?とか、出来なかった時の子供の命は?とか。
    • 2018年03月22日 11:07
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 1996年に法律変わったのか( ´・ω・`)ワタシ1994年妊娠出産してるけど、当時ゎ精神障害者っー言葉もなくワタシも診断されてなかったから助かったんだね✝
    • 2018年03月22日 10:56
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 今更掘り返してどうしろと→過払金訴訟が終わる弁護士会と毎日新聞が話し合いこの問題に脚光を浴びせ飯の種にしたいとか→法の不遡及だよ
    • 2018年03月22日 10:52
    • イイネ!4
    • コメント1
  • 「権力を嵩に着た専門家」「時流に乗った専門家」の言う事が、いかに当てにならないかの、証拠事例。最近では「札束で頬を張られた、原発ムラの御用学者」などもコレ。権力に迎合するのは、金になるから。
    • 2018年03月22日 10:08
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 社会情勢の変化に対する障害者政策の在り方ですよね。時代が時代であり、仕方のない側面はあると思うので、未来志向の善後策をきちんと考えばよいのではないかと。
    • 2018年03月22日 10:15
    • イイネ!3
    • コメント0
ニュース設定