• このエントリーをはてなブックマークに追加

「作品に罪は」東映示した決断

162

2019年03月21日 10:22 ORICON NEWS

  • この件に関しては人の数だけ考え方があり、反応がある。どうすべき、という模範解答など無い。
    • 2019年03月21日 17:05
    • イイネ!2
    • コメント3
  • そりゃ作品に罪はないが、仮に自分だったら、何年も前から薬漬けになっていて今も尚やめていない。近い将来逮捕されると分かってる人間を採用するか?と。しないと言うならそれは自粛と同じ事なんだよな
    • 2019年03月21日 16:06
    • イイネ!2
    • コメント2
  • そうですよね どうせ本人だって すぐ復帰するんだから(笑)…
    • 2019年03月21日 21:59
    • イイネ!1
    • コメント2
  • 地上波だって有料コンテンツなんやけどね。NHKは言わずもがな、民放だってスポンサーを介して視聴者が金払ってんやけど。だから問題が起きたときにスポンサーが降りるだの降りないだのの話になるんだが。。。“作品に罪はあるのか"論争に東映が示した映画メディアとしての答え
    • 2019年03月21日 19:47
    • イイネ!1
    • コメント0
  • そもそも「大多数の人に悪印象」という前提は正しいのか。犯罪者個人への評価はともかく、出演作・映像・音楽に対して。
    • 2019年03月21日 19:45
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 全く売れなかったCDが急に売れ出したと販売店が言ってたし、ヒットしそう。
    • 2019年03月21日 19:20
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 「TVに映ってる芸能人」と「芸能人を演じてる"中の人"」は別人だし、「芸能人が演じてる役」は更に別人だから、差し替えなんぞ不要だと思う。 もやもやする人はそこの区別がついてないのでは?
    • 2019年03月21日 17:01
    • イイネ!1
    • コメント2
  • 罪を憎んで人も憎め
    • 2019年03月21日 16:54
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 問題の映画の「へ?」と思っちゃう発想&瀧事件の是非はともかく、人の尻馬に乗る配給オンリー会社ではなく、自分らでも作っている東映であるが故にとりえた判断、であり、それ故の主体性は評価したい。
    • 2019年03月21日 16:32
    • イイネ!1
    • コメント0
  • これだったら[善悪の屑]も上映してほしいなと思ったけど、あっちの場合は逮捕者が主演で犯罪内容が瀧と 違うから流石に無理か…。
    • 2019年03月21日 16:26
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 一年ほどキー局での放映を自粛すればいいだけ
    • 2019年03月21日 16:25
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 一段落着くまで公開延期がいいと思うんだけどね。
    • 2019年03月21日 16:22
    • イイネ!1
    • コメント1
  • いつか伊勢谷くんのツイッター発言が問題になったよね。実際あれ以降おいらの彼に対する好感度は下がった。それでも彼は高杉晋作だし東鉄也/CASSHERNなんだよ。それはそれこれはこれ。
    • 2019年03月21日 16:06
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 作品に罪はない・・自分もそう思います。
    • 2019年03月21日 16:05
    • イイネ!1
    • コメント0
  • こういう事は「批判されて当然」だから「批判したい人」が群がる。「いち出演者のみに罪がある」のだから、何百人という人が携わった作品がお蔵入りになるのはやるせない。
    • 2019年03月21日 15:57
    • イイネ!1
    • コメント0
ニュース設定