• このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャーナリスト立花隆さん死去

280

2021年06月23日 09:00 時事通信社

  • 【田中角栄はアメリカにハメられた】ロッキード事件の「真の巨悪」は田中角栄ではなかった https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1979609547&owner_id=67611045
    • 2021年06月24日 06:00
    • イイネ!8
    • コメント0
  • ご冥福をお祈りいたします。臨死体験はいかがでしたか?
    • 2021年06月23日 15:54
    • イイネ!8
    • コメント4
  • 「中核VS革マル」という本を読んだことがあります。きっとその他の本も理知的な分析だったのでしょう。ご冥福をお祈りいたします。
    • 2021年06月23日 12:08
    • イイネ!8
    • コメント0
  • お悔やみ申し上げます。この方の様なバランスが良いジャーナリストは出てこないかと。 https://mixi.at/aa30hJq
    • 2021年06月23日 20:14
    • イイネ!7
    • コメント3
  • もう団塊の世代より上の方々がこの世から去られる季節になってきた。これが世の流れさ。
    • 2021年06月23日 16:39
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 切り口 すごい方だった ご冥福お祈り致します
    • 2021年06月23日 09:45
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 4、5年前だったか、代々木駅西口に上がる坂道でよく似た人を見かけた。新宿ゴールデン街に開いた飲み屋とも、既に本人から人手に渡った後だったが、縁があった。80才辺りならまだお若いのではないか。合掌
    • 2021年06月23日 09:08
    • イイネ!7
    • コメント0
  • スプーン曲げのイカサマを暴いた「知の巨人」。
    • 2021年06月24日 08:26
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 立花隆氏はオーディオにも造詣が深く、故長岡鉄男氏とも交流があった。ありとあらゆる物に興味を示す旺盛な好奇心は、尊敬に値する。合掌。
    • 2021年06月23日 21:39
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 「日本共産党の研究」(講談社文庫)が『文藝春秋』に連載され,共産党はヒステリーを起した。一応は“反共”でも反日!食中毒菌のイケメン擬人化!https://j-town.net/2021/06/23323767.html
    • 2021年06月23日 17:57
    • イイネ!6
    • コメント0
  • ご冥福をお祈りします
    • 2021年06月23日 12:09
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 久しくその勇名を聴く機会もなく、すっかり忘れていた方であったが、訃報に接して思い出すとは。後年接した「田中角栄研究」は、当時若かりし小生には実に鮮烈であった。合掌。
    • 2021年06月23日 10:57
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 独特の話し方が印象的でした。また、政治以外に様々な事に精通している方で、朝生の人とは偉い違いでした。ご冥福をお祈り致します。しかし、一瞬、N党の人と思った人が多いのには苦笑してしまいました。
    • 2021年06月23日 09:59
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 昔結構読んだなあ。ネット出来るようになってこの人に批判があるってことも知った。
    • 2021年06月23日 09:36
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 偉大な頭脳が失われた感 この人に代わるようなジャーナリストはいない。ご冥福をお祈りします。
    • 2021年06月23日 09:25
    • イイネ!6
    • コメント0
ニュース設定