• このエントリーをはてなブックマークに追加

三島自決50年、今も残る現場

187

2020年11月24日 14:01 時事通信社

  • 見学したよ。この部屋に入った途端、頭が痛くなった。
    • 2020年11月24日 16:55
    • イイネ!3
    • コメント0
  • この人の悲劇は、頭が良い上にセンスの切れ味が鋭過ぎて、良い友人(悪い友人とも言える)を持てなかったことだろうなぁ。だから独りで行くところまで行っちゃった。
    • 2020年11月24日 16:51
    • イイネ!3
    • コメント1
  • 記念館 形骸だけを ただ残し
    • 2020年11月24日 15:53
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 正しく 烈士徇名
    • 2020年11月24日 15:10
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 狂った作家のクーデター未遂事件
    • 2020年11月25日 23:36
    • イイネ!2
    • コメント1
  • いかれた人に同調しなかったことが幸いだった。
    • 2020年11月25日 11:54
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 今も当時も「なんて馬鹿な事を」と言う思いしかない。「憂国」などと言う聞こえの良い言葉で飾ろうと、した事は手前勝手な暴力行為であり、しかも幼稚でマスターベーションの様だ。
    • 2020年11月25日 01:15
    • イイネ!2
    • コメント7
  • エンケンのカレーライス誕生のきっかけとして、音楽的にも意義深い
    • 2020年11月24日 23:51
    • イイネ!2
    • コメント2
  • 天才に、凡人はついて行けなかった。(´ω`)���Τ�
    • 2020年11月24日 21:01
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 決起して誇りある日本軍に戻った自衛隊より、平和ボケと言われながらも災害派遣に汗を流す今の自衛隊の方が好きだ
    • 2020年11月24日 19:29
    • イイネ!2
    • コメント1
  • 死後、全国に趣向を晒された男。
    • 2020年11月24日 17:43
    • イイネ!2
    • コメント0
  • そういえば、水木しげるが三島由紀夫の話を聞いて「男とやって気持ち良かったのか?」って聞いたエピソードが印象深い。
    • 2020年11月25日 07:52
    • イイネ!1
    • コメント1
  • 三島氏の文学はそこそこ好きなのもある。そして素晴らしい作家であると思う。が、同時にこの人ほどブルジョアという言葉がふさわしい人はいないわね。ある意味かわいそうな人よね。
    • 2020年11月25日 07:41
    • イイネ!1
    • コメント2
  • 三島さんがいち早くアメリカがつくった現在の日本国 憲法に危機感を感じたのです。この方は学習院高校を 主席で卒業し東大に入学した優秀な方で作家になる前は省庁の官僚でした。
    • 2020年11月25日 02:08
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 三島は「かっこよく死にたい」という美学を持っていた。彼は作家らしく観念的。多くの日本兵が戦死ではなく餓死だったことを知っていたら、自決はしなかっただろう。
    • 2020年11月25日 00:03
    • イイネ!1
    • コメント2
ニュース設定