• このエントリーをはてなブックマークに追加

又吉直樹、言葉の暴力に提言

103

2021年03月07日 14:03 日刊スポーツ

  • 続き3、例えば北海道と沖縄のネットで知り合った男女が求愛でトラブり、沖縄男が頃しにいくと発信すると怖いが実行力がまず危機感の判断を動かす。男が貧乏ならこれないだろうからバーカで返せるが金持ちなら来る可能性大と離れた相手でも目の前の相手と同じ警戒心になる。 来れないの解っていて怖がるフリもあるしね。
    • 2021年03月07日 15:03
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 難しく考えすぎるのが言葉。 じゃあ人間が鳥とか犬なら発言とか声で大きく分類出来る訳で、あとは位置関係で、目の前か500メール先かネットや電話が人間はあるから数百キロ先からのその人の縄張りからの威嚇とかあるわけだ。 ネット電話は離れいるが目の前や野次馬的な近さがあるから、人間は特殊。犬の遠吠えもあるし
    • 2021年03月07日 14:45
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 想像力は養ってこなかった人に言っても急には変われないものだからなぁ。想像力が働く人は自然とやさしさも持ち合わせるものだね。
    • 2021年03月08日 22:06
    • イイネ!0
    • コメント0
  • やばいやつと組んでしまったなってとこ面白い。
    • 2021年03月07日 20:39
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 違う。言葉は意思や概念を伝えるための道具。どんなに丁寧に使っても悪意があれば相手を傷つける。逆に優しさがあれば乱暴な言葉でも相手からすればありがたい。
    • 2021年03月07日 19:36
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 誘発を招くゴーストライター起用はええのか?
    • 2021年03月07日 19:20
    • イイネ!0
    • コメント0
  • なにも進展しない机上の空論大会
    • 2021年03月07日 19:17
    • イイネ!0
    • コメント0
  • それ以前の、いかにも頭を使った要素が見えてこないコメントも良く見るよね。 そういう輩は最初の書出しが相手への誹謗中傷でそれだけしか書いていないからすぐ分かる。
    • 2021年03月07日 18:57
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 胸ぐらをつかまれて「死ね!!」と言われた経験があるものとして…暴言を楽しむとか、SNSだからOKとか、まして批判しないとか…そんな気にはなれない…
    • 2021年03月07日 18:37
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 「女性的」になってるんだよね、言論空間が。蓮舫的と言ってもいいけど。 https://mixi.at/a4XdaN0
    • 2021年03月07日 18:35
    • イイネ!0
    • コメント0
  • なんでこの人は尊き我が安田講堂に!?東京大学OGとして猛抗議します!!
    • 2021年03月07日 18:12
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 昨今のキャンセルカルチャーとダブルスタンダードについてどのように考えているのだろうか?それはさておき、言葉に力がある事は昔の人々は既に認識していた。聖書を観れば明白。某修験道のお偉いさんが聖書を引用し説法してたなぁ。
    • 2021年03月07日 17:56
    • イイネ!0
    • コメント1
  • SNSの意見に同感。そろそろ新しい本は?人間読んで1年以上経つ。��
    • 2021年03月07日 15:50
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 続き4、つまり個人の力、組織(群れ)的な力、ネット上で攻撃防御の力等が警戒心や感情に直結する。 そこで力量の情報で、実社会でも動く人間がいるからネット上でも警戒心が強まる。 これは動物界では新種の信号伝達の生態であり、人間という動物の生態が変わる可能性もある訳だ(・・)生態の変化は必ず争いがある。
    • 2021年03月07日 15:14
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 続き、まあ犬とか鳥の鳴きによる信号伝達と置き換えて、何か得たい、求愛、群れ同士の意思疏通や対立、自分の縄張りからの威嚇や警告信号とかにプラス、その距離感はネット、電話、テレビ等で錯覚しやすいのが人間社会の信号による意思疏通と見る(..) 単純だけど感情で混同するから千キロ離れた信号でも怖い等がある
    • 2021年03月07日 14:53
    • イイネ!0
    • コメント0
ニュース設定