• このエントリーをはてなブックマークに追加

「いのちの電話」に相談が殺到

1273

2017年11月12日 00:24 毎日新聞

  • ひとの命を救うのは国の仕事ではありません 民間で勝手にやってください、ということですね
    • 2017年11月12日 09:13
    • イイネ!6
    • コメント2
  • え?相談者の大半が20代そこらの女で埋まるって?マジかよ・・・。
    • 2017年11月12日 08:02
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 病んだ人が多いのか、社会全体が病んでいるのか…
    • 2017年11月12日 07:57
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 構ってちゃんの相手は大変大変
    • 2017年11月12日 07:54
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 後もう5台くらい増やしてあげれば、もっと、悩める方たちが救われるんじゃないかな。 死って物の重さをしっかり教えてあげて欲しい。そして生きるってことの大切さを受け止めてあげて。
    • 2017年11月12日 22:56
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 僕も病気の発症を自覚した時に、自殺を図った経験があります。いのちの電話は知りませんでしたが、場合によっては、僕もお世話になりたいと思います。 https://mixi.at/ahWDRnd
    • 2017年11月12日 21:05
    • イイネ!5
    • コメント13
  • いのちの電話はボランティアじゃなくて、ちゃんとした給料を渡して運営すればいいのに、と思ってるのは私だけ?
    • 2017年11月12日 20:58
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 投薬と認知療法で躁うつ病と付き合っているけれど、本当に自殺したいときに信頼しているカウンセラーと話せることは無い。利用したことはないけれど、誰かに話を聞いてもらうだけでも心は安らぐ。
    • 2017年11月12日 20:40
    • イイネ!5
    • コメント2
  • 別件 10代20代では自民党支持が増えて多かったとか 自民を選んだと言う事は米国に命令された戦争状態の地に参加して自衛隊に死ねっていってるも同然。
    • 2017年11月12日 20:33
    • イイネ!5
    • コメント3
  • 亡父が運営に携わっていました。ボランティア個人個人の善意に頼って成り立っているのです。講習代は自腹、24時間365日のシフトを無休で回すのは並大抵の熱意では不可能で、頭が下がると。
    • 2017年11月12日 18:09
    • イイネ!5
    • コメント4
  • 今迄2回かけた。相談中なのか、なかなか繋がらない。もう飛び降りようとぢた時、やっと繋がったが向こうも困っている様子で「死にたいです」と言うと「どうしましょう?」と言う。当てにならない。
    • 2017年11月12日 17:26
    • イイネ!5
    • コメント3
  • 本当に死のうとしてる人達はイキナリ前触れも無しに自分で溜め込んで死を選ぶ。ネットに書き込んだりして相談に乗って欲しいと言う人達は迷ってるだけであり、やり方一つで自殺を止めさせる事が出来る。 https://mixi.at/ahWDRnd
    • 2017年11月12日 16:53
    • イイネ!5
    • コメント1
  • 自殺大国ニッポンexclamation世界でも突出しているのではないのかな��黒でないとダメだといった下らん理由で髪の毛を染めさせるような、人権無視を普通にやってる学校や企業が存在しているから自殺者がいても頷けるよexclamation
    • 2017年11月12日 15:47
    • イイネ!5
    • コメント0
  • <いのちの電話>「この叫び聞いて」相談内容は深刻化 希死念慮が強かった頃「いのちの電話」に何回かお世話になった。近隣は全く繋がらなくて片っ端から掛けやっと繋がった事も。健常者にはバカバカしいかもしれないが、聞いて貰えるだけで踏みとどまれる事もあるんですよ
    • 2017年11月12日 15:45
    • イイネ!5
    • コメント10
  • よりそいホッとラインはいつも話し中やし 命の電話は おばさんが そうなんですか 大変やったねーしか言わないので 精神科行った方が早い
    • 2017年11月12日 15:44
    • イイネ!5
    • コメント0

前日のランキングへ

ニュース設定