• このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/12/17 10:23 配信のニュース

694

2017年12月17日 10:23

  • 実際、私もこのようなな方を見ました。自らの意思で飲食や点滴を拒否して逝かれました… 医者だけではなく、介護する側も葛藤があります…
    • 2017年12月17日 13:54
    • イイネ!3
    • コメント3
  • 治る可能性はなく、苦しむ日々が続くぐらいなら死を選ぶ。そういう権利はあってもいいと思う。
    • 2017年12月17日 13:45
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 中国で熊の胆汁を生き地獄で採取しているのと似て、熊も飲食拒否するし(知りたい方ググッてね)、『人も辛い』と思ったら、早く楽になりたい(安楽死)と思うのは人情、倫理感を押し付けないこと
    • 2017年12月17日 13:33
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 『まだ頑張って生きていて欲しい�㤭��』と思う側と『もう充分頑張って生きたよ�������������ӻ�������』と思う側とでは、平行線だよね。【92歳のパリジェンヌ】という映画を思い出しました。
    • 2017年12月17日 13:26
    • イイネ!3
    • コメント0
  • だから向き合わなくていいんだって( ̄∇ ̄)ほっといてやって、あんたらどんな形でも生かすのが仕事だから生かす方向で議論したいだけだだろ?
    • 2017年12月17日 12:53
    • イイネ!3
    • コメント0
  • ワシも意思が強ければ今すぐにでも餓死を選ぶんだが、不可能な気がする。はー
    • 2017年12月17日 12:42
    • イイネ!3
    • コメント1
  • 自分が終末期を迎えたら、多分同じことを望むだろう。安楽死・尊厳死が自然に受け入れられるような美しい国になって欲しいし、そういう人に医者になって欲しい。
    • 2017年12月17日 12:40
    • イイネ!3
    • コメント0
  • この件とは違うけど 「おたんこナース」で点滴に栄養が入っているの知らなくて「ほら、食べなくても生きているだろう」と威張る老人を思い出した。
    • 2017年12月17日 12:38
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 痛かったり苦しかったりすると早く楽になりたいとか思うんだろうナ。 そういう事が無く死が近いというだけなら最期に美味い物を色々食べたいかも。
    • 2017年12月17日 12:38
    • イイネ!3
    • コメント0
  • そうね、ゲーデルも最後はそれで死んだんだよね…
    • 2017年12月17日 12:05
    • イイネ!3
    • コメント6
  • もう20年前だけどおばさんが末期の大腸がんでこれだったわ。名前付いてるのか。オーストラリアも自殺マシンが合法化されたしそろそろ本気出して考えるべき。
    • 2017年12月17日 11:38
    • イイネ!3
    • コメント2
  • 要介護で飲食が苦手になり敬遠する人もいるらしい。胃ろうより、いいんだけど食事を苦痛に感じると自発的に食べなくなる。医療側の問題というより患者の精神的な事情を考慮して誤嚥性肺炎を避ける。
    • 2017年12月17日 11:30
    • イイネ!3
    • コメント2
  • ???「死に方ぐらい選ばせろ」
    • 2017年12月17日 11:26
    • イイネ!3
    • コメント0
  • どうも。実家が病院経営です(嘘)。なにこれ?>記事より…「VSED」という言葉を知っていた医師は301人(53%) まあ、ほんと、医者って勉強しませんよね。流石は御侍史。究極の御机下。
    • 2017年12月17日 11:18
    • イイネ!3
    • コメント1
  • なら入院してないで退院して一人で苦しめよ。終末期の苦しみを少しでも和らげる為、病気やケガを治したいと思う人の為の医療費の無駄使いなんだよ。
    • 2017年12月18日 10:18
    • イイネ!2
    • コメント1
ニュース設定