ホーム > mixiニュース > コラム > 水害でぬれた資料の応急処置は > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水害でぬれた資料の応急処置は

35

2018年07月11日 15:02 ねとらぼ

  • 命が最優先だし、生活も大変なときになかなか考えられないかもしれないけど、私にはすごく目についた記事。もしそんなことがあったら本も紙も大事にしたい。
    • 2018年07月11日 15:38
    • イイネ!12
    • コメント0
  • 記憶ってのは薄れるし死ねば途切れる。じゃあ人間の歴史や営みを繋ぐのは何か?と言ったら「記録」なんだよね。
    • 2018年07月11日 15:51
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 家族の歴史的資料や写真だって、大切な記録だし、同じような処置が必要。 そして、いろんなとこに散逸してるだろうから、拾った人が預けにいく場所も決めてほしいな。
    • 2018年07月11日 15:46
    • イイネ!10
    • コメント0
  • ニッポンは古い国!貴重な記録やモノが普通のお宅に眠ってたりしますよね・・わりと←
    • 2018年07月11日 16:28
    • イイネ!6
    • コメント0
  • そもそも倉敷市の歴史資料整備室が真備支所にあるんだが、史料は無事なんだろうか?
    • 2018年07月11日 21:01
    • イイネ!0
    • コメント0
  • #資料、あきらめないで!
    • 2018年07月11日 19:33
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 電子化すればいいのに。 (・_・)
    • 2018年07月11日 18:41
    • イイネ!0
    • コメント2
  • 岡山の県北にある橋の下の歴史的資料も保存出来ますかね
    • 2018年07月11日 17:29
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 貴重な資料なら、使える冷凍を探してそのまま突っ込んで置くととりあえず 黴だけは防げる、ページ剥がしやその他の作業は落ち着いてから行う事になる
    • 2018年07月11日 16:49
    • イイネ!0
    • コメント0
ニュース設定