ホーム > mixiニュース > 地域 > 村唯一の医師、豪雨振り返る > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村唯一の医師、豪雨振り返る

24

2019年06月26日 13:31 毎日新聞

  • こんなに親身になって医療を提供してくれると、ほんとに安心する。ほんとに欠かせない存在でしたね。
    • 2019年06月26日 15:19
    • イイネ!13
    • コメント0
  • 村(過疎地)で唯一の医者って言うからもっとジジィ(ババァ)なのかと勝手に思い込んでいました
    • 2019年06月26日 16:11
    • イイネ!6
    • コメント0
  • こんなお若い人が、常勤医として地域医療を支えている。今の医者の卵な皆さんも全国、何処へでも行きます、という頼もしい人もいると思う、それまでどうかお身体をお大事になさって下さい。
    • 2019年06月26日 15:51
    • イイネ!6
    • コメント2
  • 必要な人が必要な場所に居られないってどういうこっちゃ
    • 2019年06月26日 15:39
    • イイネ!5
    • コメント0
  • こういう医者は大事にしないといけないと思う。年寄りも医者や看護師の手止めさせるような無駄な雑談とかして迷惑かけるなよ?
    • 2019年06月26日 15:36
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 村落孤立となると 診療所・常勤医師は頼られるね 専門外の診療もしなくちゃならないし 大変なお仕事だ 自治医科大を出た者の宿命とは申せ。 それでも残留希望 素直に偉いと思う。
    • 2019年06月26日 16:08
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 自治医大 仕組み作りの 尊さよ
    • 2019年06月26日 15:54
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 「自治医大」を目指した段階で「地域医療に関わる」覚悟している若い医師が多いそうです。この様な若い人の努力で僻地等は守られています。
    • 2019年06月26日 15:53
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 自治医大の卒業生は田舎の診療所などで勤務することで学費が免除される。この先生はあと4〜5年ほど「義務」があり、その後はこの地域に残ってくれるか、出て行ってしまうかは、そのとき分かる
    • 2019年06月26日 15:49
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 「ジークフリード・キルヒアイス勲章を贈るに相応しい。私が赴いて直接手渡そう、フロイライン。」「はい、陛下。」
    • 2019年06月26日 15:55
    • イイネ!1
    • コメント0
  • なんで希望が通らないのかね?
    • 2019年06月26日 15:49
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 雨は1滴が大災害だからな。雨よりツラい事はこの世界に存在しない。それに比べたら地震は揺りかごで津波はプール、噴火はストーブだ。不死鳥狩りに行きたい…。アマゾンシグマと同じ結末でも…。
    • 2019年06月27日 07:29
    • イイネ!0
    • コメント0
  • 数年前、村で唯一の「患者を診ない医師」だったことがある。
    • 2019年06月26日 17:12
    • イイネ!0
    • コメント1
  • 福岡版『いしゃ先生』だ!(°▽°)
    • 2019年06月26日 15:20
    • イイネ!0
    • コメント0
ニュース設定