ホーム > mixiニュース > トレンド > 2020/02/17 10:08 配信のニュース > つぶやき一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/02/17 10:08 配信のニュース

76

2020年02月17日 10:08

  • 時代の流れか…書店と喫茶店が無い町に魅力を感じない旧い人間です。
    • 2020年02月17日 12:21
    • イイネ!18
    • コメント1
  • 東山魁夷は川端康成に「もうすぐ京都はなくなる。だから今のうちに描いておいてくれ」と言われて「年暮る」を描いたという。予言が当たっているね…。
    • 2020年02月17日 13:36
    • イイネ!11
    • コメント1
  • ここに関して言えば、活字離れやネット書店の存在は無関係だと思う。自分なんかは有れば通っただろうね。
    • 2020年02月17日 15:05
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 近くの職場に居た時は帰りに良く寄りました、普通のお店に無いのが置いて在り店内見て回ってました、寂しいですね。
    • 2020年02月17日 11:32
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 仕舞う前に後継者募集すればよかったのに。このご時世だから誰か物好きがいたんじゃないの?
    • 2020年02月17日 18:24
    • イイネ!7
    • コメント2
  • 三月書房は店主が趣味で本を選んでいる店で昔ながらの書店ではない。客を選ぶ店であって、店主と波長が合うと、書痴の魔窟、入ったらしばらく出てこれないパラダイスであった。
    • 2020年02月17日 15:43
    • イイネ!7
    • コメント2
  • 店にしろ交通機関にしろ、潰してるのは客なのよ。本当に必要なら客が支えなくて誰が支えるの。
    • 2020年02月17日 14:49
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 三月書房は左翼思想書を扱っていたミレー書房の店長が独立して作った書店。ミレー書房とフランソア喫茶室は創業者が同じで、ともにジャン=フランソワ・ミレーにちなんで命名された。 https://mixi.at/a3vK1ob
    • 2020年02月17日 23:58
    • イイネ!6
    • コメント1
  • ◉古くて薄暗いのでよく古書店と間違われる◉黄金期の週刊少年ジャンプが週に3冊しか売れない一方で300部しか発行されない希少本のうち50冊がここで売れた◉サブカル漫画や岩波文庫の揃いが異常 https://mixi.at/a3vK1ob
    • 2020年02月17日 19:22
    • イイネ!6
    • コメント1
  • この店は在庫が単品管理されてて、売れると翌日には補充される。昔は神田の三省堂に入社するとまず新幹線の切符を渡され、この店を見学に行かされたという。 https://mixi.at/a3vK1ob
    • 2020年02月17日 19:16
    • イイネ!5
    • コメント0
  • そんな本屋が、と調べたら前通ったわ、市役所横から御所へ上がった時。次は寄ってみよう�ϡ���最近京都も空いてそうだし��������
    • 2020年02月17日 12:40
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 民明書房はまだ健在か?w
    • 2020年02月18日 21:52
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 個人的には書店は好きなのですが・・・・でも貧乏だから、本を買うことはほとんどなくなりました。だから本屋さんがつぶれていくのかな・・・・ま、いいか。
    • 2020年02月18日 10:06
    • イイネ!4
    • コメント0
  • ちょっとー! 『ブックストア談』の血を引く『JQストア』閉店に続き、『ジュンク堂京都店』、『三月書房』…インバウンド景気の裏で京都の文化発信地が次々になくなっていくやん…心折れるわ〜… https://mixi.at/a3vK1ob
    • 2020年02月17日 23:27
    • イイネ!4
    • コメント0
  • えー 移住して継ぎたいです・・・
    • 2020年02月17日 22:34
    • イイネ!4
    • コメント0
ニュース設定