• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • これの一番の間違いは、優先順位は、年齢ではないって事! 年寄りが、若者に譲るという表現は、絶対ダメ!
    • 2020年06月04日 11:34
    • イイネ!101
    • コメント0
  • これはドナーカードとは根本的に違うぞ。ドナーは生命活動は終えてしまったが臓器提供して誰かの役に立ちたいという意思表示。このカードは命の選別に繋がる危険なカード。俺は大反対。 https://mixi.at/a9KYVwc
    • 2020年06月04日 09:03
    • イイネ!75
    • コメント1
  • おお!これこれ。前に言ってたのが出来たな。ただ、前提(ピクトグラム)が高齢者なのは良くないと思う。30代でも40代でも良いのよ。あと、これを選択した人にはセデーションつけてあげてね。
    • 2020年06月04日 09:47
    • イイネ!70
    • コメント4
  • うーん。こういうのがいらない状態にすることを考える方が先決だと思うけどなぁ。年寄の命も若者の命も変わらない重さじゃないとおかしいけどなぁ。
    • 2020年06月04日 15:31
    • イイネ!58
    • コメント3
  • 自分は延命治療の為の抗がん剤治療をしているが、家族の為にと病院の先生方が一生懸命になってくれてるから、申し訳ないけどこのカードはちょっと書けない…
    • 2020年06月04日 09:07
    • イイネ!46
    • コメント6
  • 「若い人に」というものが無ければ譲るでもいいと思うけど、そうで無い人に生きる事に罪悪感を持たせかねないのはご本人も家族もつらいかなぁ。
    • 2020年06月04日 08:29
    • イイネ!46
    • コメント1
  • 高齢者の意識って、逆が多いと思う。「こっちは高齢者だぞ!年上を敬え!若いやつらは人工呼吸器なんか使うな!甘えだ!我々に譲れ!」じゃない?
    • 2020年06月04日 11:51
    • イイネ!37
    • コメント0
  • 現場の葛藤も理解できるが、これはかなり難しい問題。安易に導入するのは危険。年齢云々の前の整備が整っていない現状です。医療現場の整備に政府も尽力して欲しいです。
    • 2020年06月04日 11:16
    • イイネ!34
    • コメント0
  • 現場では、不可欠なカードですね。混乱した状況ではトリアージが難しく、法的には生産性の高い30才も低い認知症90才も平等ですからね…。ご本人の意思は貴重です。
    • 2020年06月04日 11:52
    • イイネ!32
    • コメント0
  • 賛否あるのが当たり前。色んな意見があって、その意見を交わしたりすることが大切。
    • 2020年06月04日 11:42
    • イイネ!30
    • コメント0
  • 生に対して執着がないので譲カード欲しいな。ただ、私が譲る相手は若者や子供がいいな。
    • 2020年06月04日 11:14
    • イイネ!28
    • コメント0
  • 個人的には微妙。違和感強い。この手のトリアージは「どうしようもない時」であって、それを起こさないことが大前提だからだ。そうならない努力=前提そのものを怠らせてしまう危惧がある。
    • 2020年06月04日 14:06
    • イイネ!26
    • コメント6
  • ■タイタニックの救命ボート■全員が乗れないケースを考えておかないと、現実化した時に動けない。
    • 2020年06月04日 14:44
    • イイネ!24
    • コメント0
  • まあ何となく、気持ちはわかる。どうせ延命されても長くないのわかってて、機器が足りないのなら「ここは俺に任せて先に行け(言ってみたい漫画セリフ上位常連)」でカッコつけてみたいよね。
    • 2020年06月04日 11:39
    • イイネ!20
    • コメント0
  • これ「若い人に」って要るのかなぁ。尊厳死や臓器提供を本人の意思として表明するのはわかるけど、医療機器の不足で患者が辞退するのは違う気が。現場もはいそうですかとはならないよね。
    • 2020年06月04日 12:20
    • イイネ!13
    • コメント0

このニュースについてコメントを書く

前日のランキングへ

ニュース設定