• このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/10/22 08:25 配信のニュース

84

2020年10月22日 08:25

  • �Ĥ��줿���Ĥ��줿���Ĥ��줿��》昨夜彼の作品を聽いたばかり
    • 2020年10月22日 12:36
    • イイネ!13
    • コメント0
  • 他人事ではなく、加齢で血管壁そのものが硬くなって老化劣化していくから誰でもなりえますね。
    • 2020年10月22日 10:40
    • イイネ!13
    • コメント0
  • 「ケルン・コンサート」が大好きです。全てが良くなりますよ〜に。
    • 2020年10月22日 21:55
    • イイネ!12
    • コメント0
  • 悔しかろうなあ。悔しかろうなあ。
    • 2020年10月22日 11:03
    • イイネ!11
    • コメント1
  • 高校の卒業祝いがキース・ジャレットの『祈り グルジェフの世界』であった。
    • 2020年10月22日 10:30
    • イイネ!10
    • コメント2
  • ジャズ界の舘野泉になれないかな。
    • 2020年10月22日 10:20
    • イイネ!9
    • コメント0
  • この人の録音はたくさん聴いたけど、素晴らしい音楽ばかりでした。天才イコール完全主義者だから、復帰は難しいかもです。
    • 2020年10月22日 13:48
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 身体はあちらこちら故障して、だんだん言うことを聞かなくなる。オレも足を手術して、利き腕の肘を壊して、いずれも治ることはもはやない。生き方は狭まる。このギフトをどう読み解くか、それだけ。
    • 2020年10月22日 10:39
    • イイネ!7
    • コメント4
  • う〜ん、残念です・・・「ケルン・コンサート」が一番好きで、いまでも車の中で聴いています。1978年12月12日の武道館ライブにも行きましたダ・・・�㤭��
    • 2020年10月23日 01:57
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 脳卒中からのマヒか、キース・ジャレットのPIANOは優しい音色のイメージがあって好きなジャズピアニストだ。回復できますように日本の地よりお祈り申し上げます。( ̄ー ̄)y─~~~
    • 2020年10月22日 21:51
    • イイネ!6
    • コメント4
  • 同業者として軽々しくコメント出来ないが、フィンランドで活躍されている大学の大先輩にあたる舘野泉さんは同じく脳出血から半身麻痺に成っても左手のピアニストとして見事に復活された。
    • 2020年10月22日 21:34
    • イイネ!6
    • コメント0
  • えっ、そんなことになってたのか。
    • 2020年10月22日 10:46
    • イイネ!5
    • コメント0
  • こんな人はもう現れないと思う圧倒的な人。演奏だけではない、「キース・ジャレット音楽のすべてを語る」という本を読んで衝撃を受けた。
    • 2020年10月22日 10:34
    • イイネ!5
    • コメント1
  • 昔見たアンドレイ・タルコフスキーの映画の後、映画館でかかっていたこの曲一曲が欲しいがために、アルバム2枚組を買いました…https://www.youtube.com/watch?v=OB2KhSvegDY
    • 2020年10月22日 22:46
    • イイネ!4
    • コメント14
  • ケルン・コンサートとパリ・コンサートは今でも時々聴きます。
    • 2020年10月22日 18:41
    • イイネ!4
    • コメント0

前日のランキングへ

ニュース設定