• このエントリーをはてなブックマークに追加

毒ぶどう酒、弁護団が新証拠

24

2020年10月28日 19:34 毎日新聞

  • 当時の犯罪捜査なぞ杜撰なやり方ばかりだろ 真相はキツいし関係者もとうにあの世 もうこの頃の冤罪と云われる事件は全て無罪でいいんじゃないかとすら思ってる
    • 2020年10月28日 20:52
    • イイネ!22
    • コメント0
  • 裁判は恐ろしい。新証拠を良く調べて欲しい。罪ななき者を殺してしまえば、裁判の名を借りた殺人。
    • 2020年10月28日 22:25
    • イイネ!11
    • コメント2
  • 戦い続ける気持ちもわからんでもにゃあが、もう60年も昔の事。切り替えて引っ越してなんも関係あらへんとして生きていくのもありやん?
    • 2020年10月29日 06:53
    • イイネ!10
    • コメント3
  • 真犯人もこの世にいないよね。だけど元死刑囚の遺族にしてみればこれからずーっと「犯罪者の遺族」として不名誉なまま生きていくのを良しとしないという気持ちは良くわかる。
    • 2020年10月29日 01:55
    • イイネ!9
    • コメント0
  • 無実の人は無罪に 再審えん罪事件全国連絡会 http://www.saishin-enzai.net/index.html 無実の人を救おう 日本国民救援会http://kyuenkai.org/
    • 2020年10月29日 04:29
    • イイネ!7
    • コメント0
  • その「工作」がほかの犯人の存在と直接繋がらない。 https://mixi.at/agA8cVk
    • 2020年10月29日 08:05
    • イイネ!6
    • コメント0
  • 時既に遅し感で真犯人処か周辺者も生きていても既に殆ど後期高齢者以上で残念だが思い出せない&記憶違い必至で世代的にも孫曾孫になって寝耳に水感で当時は警察も今以上に「疑わしきは罰す」風潮 https://mixi.at/agA8cVk
    • 2020年10月29日 08:17
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 残念だが当時は警察も戦前戦中流れの悪しき「疑わしきは罰す」冤罪多発時期でムラ社会の閉鎖的排他的空気も今以上で素行の悪い・周辺と不仲・余所者辺は何か事件になると即、犯罪容疑者扱いな世相 https://mixi.at/agA8cVk
    • 2020年10月29日 08:12
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 今頃顔面真っ青だろうねぇ、真犯人の親族
    • 2020年10月28日 22:32
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 今になって新証拠…ホントなの?
    • 2020年10月28日 21:58
    • イイネ!3
    • コメント0
  • ぶどう酒とワインがどう違うのか、どうしてもわからない。
    • 2020年10月29日 07:13
    • イイネ!2
    • コメント4
  • 歯形が合うから有罪、こんな裁判っておかしいと当時思ったもので、まだ弁護団は頑張っているのね。忘れかけていました。和歌山のカレー事件にあるところは似てるなぁ。
    • 2020年10月29日 05:59
    • イイネ!2
    • コメント1
  • 今は普通の親を犯人にあげて昇進できるから楽だよね。赤ちゃん、幼児相手だと嘘でも立証できるから
    • 2020年10月29日 04:17
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 司法の犯人製造数 まったく不明
    • 2020年10月29日 02:01
    • イイネ!2
    • コメント0
  • ごめんまだやってたのか
    • 2020年10月28日 23:03
    • イイネ!1
    • コメント0
ニュース設定