• このエントリーをはてなブックマークに追加

旧優生保護法訴訟、賠償認めず

71

2020年11月30日 20:07 毎日新聞

  • 除斥期間を過ぎてる上に手術の記録も痕跡も無いのだから、訴訟自体に無理がある。「除斥期間を当てはめるのは酷だ」と言ったところで、それは法律以前の感情論だからね。
    • 2020年11月30日 20:22
    • イイネ!35
    • コメント0
  • 自分の同意無しに、は悔しさ・怒り・悲しみ…計り知れないと思います。でも…その手術に同意(もしくは承知)していたのは奥さんのお母さんですよね…。そこは触れないのかな…。
    • 2020年11月30日 23:25
    • イイネ!31
    • コメント0
  • 時代のせいにしてはいけないものがあることを、私達は学ばなければなりません…
    • 2020年11月30日 20:31
    • イイネ!18
    • コメント0
  • 左さんに唆されたと思うけど、法律は日本国を維持する為に必要な物。期限も過ぎている上に証拠も無い。単なる感情論に成り下がって印象も悪い。
    • 2020年11月30日 20:28
    • イイネ!18
    • コメント0
  • 結婚して独立しているのに、そこに親の意志で子供の家庭(他の家庭)に介入して、勝手に避妊手術をすることを出来るのか?と言うのが不思議だと思ったニュース_φ(・_・その辺を知りたい。
    • 2020年12月01日 07:08
    • イイネ!15
    • コメント0
  • 子どもをもうけようとしている成人女性の不妊手術の意思を、当人ではなく親族の同意のみで行うこと自体が考えられない。これは納得出来なくて当然だろう。
    • 2020年12月01日 13:05
    • イイネ!14
    • コメント2
  • この国は、国民、特に弱者を救済するのが嫌いで寧ろ差別、排除するのが好きなんです(^ω^)
    • 2020年11月30日 21:08
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 日本人は全体的に自分に関係ないことには無関心で薄情で、国や企業の理不尽は自分には関係ないこととしてなぜか支配者目線で語る。だから民主主義国家として後退していく一方なのだろう。
    • 2020年11月30日 21:07
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 怒りや悲しみって賠償て消える物なののね。
    • 2020年11月30日 20:26
    • イイネ!11
    • コメント0
  • 自分の親を訴えて金取ればいいじゃないの。なぜ我々から金を取る。
    • 2020年11月30日 23:35
    • イイネ!10
    • コメント0
  • 法廷とは真実をあきらかにする場所ではなく、法との整合性をとる役所のひとつ。だから法律を決める時には主権者の監視が必要なんだが。
    • 2020年12月01日 11:59
    • イイネ!9
    • コメント0
  • この法律って復活した方が良いよ。
    • 2020年12月01日 06:54
    • イイネ!9
    • コメント2
  • どんな悪法だろうがその時点で有効だった法律に基づいて行われた行為は適法で正当だ。後の世になって「あの法律は間違いだ!それに基づく行為も不法・無効だ!」はちょんこの理論だぜwww
    • 2020年12月01日 10:48
    • イイネ!8
    • コメント2
  • 親にぶつける事ができないからな…
    • 2020年11月30日 20:57
    • イイネ!7
    • コメント0
  • 背乗り・成りすまし連中のやらずぼったくりを阻止した判決を全面的に支持します。「されたされた詐欺」には、賠償どころか厳罰が必要。
    • 2020年12月01日 09:20
    • イイネ!6
    • コメント0

前日のランキングへ

ニュース設定