• このエントリーをはてなブックマークに追加

2021/02/27 10:15 配信のニュース

218

2021年02月27日 10:15

  • 古生物の研究では良くあること。全然別の生物だったり、同じ生物が化石が別種の物と思われたり。北京原人とジャワ原人もかつては別種だと思われていた。でもどんでん返しがあるのが古生物の面白い所
    • 2021年02月27日 10:57
    • イイネ!76
    • コメント2
  • すっぽん料理食べてて気づくとか、どこに気づきがあるのかわからないね。こういうこともあるんだなぁ。古生物の化石って難しいね^^;
    • 2021年02月27日 11:23
    • イイネ!68
    • コメント8
  • むしろそんな昔からスッポンがいた事と 「自分で捌いてて気が付いた」事がスゴイ 自力で捌ける腕と、その途中で「コレどこかで見た」と気付ける観察力と記憶力!
    • 2021年02月27日 13:19
    • イイネ!62
    • コメント1
  • 白亜紀のスッポンの骨でも、充分に価値は有ると思いますヽ(゚Д。){個人の感想です
    • 2021年02月27日 10:26
    • イイネ!62
    • コメント0
  • 板前さんがすっぽんを捌いているのを見ていた部長が一言。「……すっぽんが、すっぽんぽん」…板前さんが切なげな顔で見てきた�Ԥ��Ԥ��ʿ�������( ・ω・)�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • 2021年02月27日 10:51
    • イイネ!46
    • コメント13
  • スッポンさばける学芸員さんもなかなかだな…。
    • 2021年02月27日 13:46
    • イイネ!40
    • コメント1
  • これだから科学は面白いよな〜。観察力の大切さを感じさせられる出来事ではないでしょうか。
    • 2021年02月27日 10:37
    • イイネ!33
    • コメント1
  • 鑑定したドイツの専門家?もアレだけど、すっぽんをさばけるわその骨を見て違いに気付くとか、日本の学芸員さんも凄いな��どの世界でもプロはいるもんだɽ���ʤӤä����� https://mixi.at/a3F7m0K
    • 2021年02月27日 13:22
    • イイネ!32
    • コメント0
  • 気づいたのはすごいけど、自宅でスッポンをさばくほうがよっぽどすごい気がするワタクシ。
    • 2021年02月27日 14:02
    • イイネ!29
    • コメント3
  • ある時点での科学的検証はその時の技術力に依存する。のちに誤りとわかったら修正が可能な事も科学が宗教と異なる点。まあ、こんな事もあるわな。 https://mixi.at/a3F7m0K
    • 2021年02月27日 11:28
    • イイネ!29
    • コメント0
  • …確か北海道で見つかったエゾミカサリュウも当初は陸上肉食ケモノ竜とされたのが後に水棲肉食爬虫類に訂正されたっけね?(苦笑)「恐竜探検隊ボーンフリー」には陸上肉食ケモノ竜として登場した https://mixi.at/a3F7m0K
    • 2021年02月27日 11:03
    • イイネ!23
    • コメント6
  • 近年のスッポンの骨なら「よく調べたのか?」と思うが、白亜紀のスッポンの骨なら価値はあると思いますね。
    • 2021年02月27日 14:13
    • イイネ!20
    • コメント1
  • ヒタチナカリュウじゃないのexclamation ��2がっかりexclamation ��2
    • 2021年02月27日 10:18
    • イイネ!20
    • コメント0
  • まさか食べたすっぽんと似てるでわかるとはね 鑑定お墨付きを出した方はどうするのかな?でも白亜紀のすっぽん化石には間違いないみたいだが。(*^^*)
    • 2021年02月27日 17:19
    • イイネ!15
    • コメント3
  • 世界中の博物館や調べ直したら、実は違いましたってのは出てくるんだろうね、恐竜の卵だと思ってたらナウマンゾウのウンコだったり。
    • 2021年02月27日 12:04
    • イイネ!15
    • コメント2
ニュース設定