• このエントリーをはてなブックマークに追加

2021/06/12 11:21 配信のニュース

20

2021年06月12日 11:21 サーチナ

  • (゜ρ゜)�֡�������(´ρ`)�֡�������
    • 2021年06月12日 16:47
    • イイネ!23
    • コメント0
  • 最近の研究だと、気象要因、所謂「神風」の影響は少なく、単純に日本の武士団の実力って言われてるぞ
    • 2021年06月12日 11:45
    • イイネ!18
    • コメント2
  • 最近の研究だと「蛮勇VS蛮勇の対決」でどちらも「敵は強い」と言っていたそうで。 https://mixi.at/a9SbDCU
    • 2021年06月12日 17:15
    • イイネ!11
    • コメント1
  • 嫌違う、鎌倉武士団は荒くれ者、馬に乗らない騎馬兵なぞ、意味が無い、日本は長弓、元は短弓、日本は耐刃鎧、元は革鎧、武器が違う、焦土作戦までしたし、夜間元の船に斬り込み、火を放っている、元寇は、敗れるべくして敗れた https://mixi.at/a9SbDCU
    • 2021年06月12日 17:07
    • イイネ!11
    • コメント0
  • ナポレオンも、ヒトラーも僅か数十キロのドーバー海峡を、渡れなかった。元は、日本列島にたどり着いただけ凄い
    • 2021年06月12日 20:48
    • イイネ!8
    • コメント0
  • 九州の荒くれ武士にタコ殴りにされたらしいやん。
    • 2021年06月13日 07:18
    • イイネ!7
    • コメント2
  • 元は鎌倉武士の夜襲を恐れて、夜は全員船に戻っていた。そこに暴風雨(台風)が襲来し、ほとんど全ての船は海の藻屑となった。2度目の弘安の役では船に豚まで積んで上陸後の生活の準備までしていたという。
    • 2021年06月13日 10:39
    • イイネ!5
    • コメント1
  • はぃはぃ、そーですか。ちなみに文禄・慶長の役の候。加藤清正以下、日本将兵が半島で目にしたのは、彼らの持参の手弁当に添えられた粕漬けを真似て、白菜に人糞をかける発酵技術なきチョンコロの奇習であった。
    • 2021年06月12日 14:35
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 三度目の正直を狙っているのですか? ともあれ「天は自ら助ける者を助ける」と仄聞致しますので、漫画『アンゴルモア』をご一読されては如何でしょうか?
    • 2021年06月12日 12:36
    • イイネ!5
    • コメント0
  • 元寇失敗は属国に任せたり、海戦が不得手な点もあるのでは?
    • 2021年06月12日 11:26
    • イイネ!4
    • コメント0
  • 運だの神風だのは二の次の話だったらしいねw 事前の訪日接見もGDGDで長期化したそうだし、何より現地及び当時の鎌倉武士達のヒャッハー!ぶりが凄かったとか…神風はそれぞれ退却時に遭って弱り目に祟り目だったらしい罠w
    • 2021年06月12日 12:43
    • イイネ!3
    • コメント0
  • 壁]_・)冬にくれば、台風はこないのに、海流や風が日本に行くのに楽な時期にくるからそうなるんでしょうに…
    • 2021年06月12日 12:09
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 詳しい事前情報や集中迎撃システムを作る余裕があったしな日本
    • 2021年06月12日 11:32
    • イイネ!2
    • コメント0
  • 運も実力のうち、ですからね。
    • 2021年06月12日 15:03
    • イイネ!1
    • コメント0
  • 台風で被害を受けるという事は、「上陸作戦が実行出来なかった」という意味なのだがな。 上陸作戦が出来ない軍が、強いの?
    • 2021年06月12日 13:36
    • イイネ!1
    • コメント0

前日のランキングへ

ニュース設定